« みかえりの郷彩花の湯 | トップページ | 尼ヶ禿山、迦葉山 »

ハケの道

前後していますが、7/29は久しぶりにハケの道へ。

2018072901

めちゃくちゃな酷暑の夏。市街地を歩くのは辛いものがありますが、出かけました。
久しぶりの滄浪泉園。9月末まで無料開放ということで無料で入ることができました。

2018072902

雨の後のせいか池がかなり濁っていました。 蚊に刺されまくりでした。(T_T)

2018072903

しっかり湧水は水が流れていました。

2018072904

貫井神社で一休み。以前は池に亀をやたらと見かけましたが、今回は見かけませんでした。

2018072905

これまた久しぶりの殿ヶ谷戸庭園。入園料を払い、入ります。
さすがに天気も悪く、人は少ない感じ。

2018072906

あまり水流が写っていませんが、それなりに水が流れています。

2018072907

茶店風の休憩所でしばらくお休み。樹林が多いせいか、少し涼しく、本を読みながらしばらくのんびりしてしまいました。

2018072908

お鷹の道をしばらく歩き、湧水へ。しっかり出ていました。

2018072909

さらに歩き国分寺楼門。

2018072910

久しぶりの国分寺跡。案内板などができたり、整地されていたり、随分変わっていました。

2018072911

しばらく進んだ所にも案内板。

2018072912

武蔵国分尼寺跡はそんなに変わっていないようでした。

2018072913

鎌倉古道は今も残されています。

2018072914

西国分寺駅まで歩きました。

 

« みかえりの郷彩花の湯 | トップページ | 尼ヶ禿山、迦葉山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

滄浪泉園に貫井神社、
我が家のすぐそばを歩いていらっしゃったのですね。
今日、15日と16日は、貫井神社の例大祭。
大太鼓が打ち鳴らされ、神輿が町内を巡行します。
アカミミガメは、外来種として駆除?されたのかな。

小金井神社から武蔵国分寺へ向かうハケの道は、
武蔵国分寺のご本尊(薬師如来)を詣でる道として
薬師道(通り)と呼ばれています。

国分寺遺跡は、整備が進み、きれいになりましたが、
以前の方が、それなりに朽ちた趣きがあって、
1,300年の歴史を感じられたように思います。

たまびとさん、こんにちは。

たまびとさんの家のお近くでしたか。
自分の家の近くと違って、国分寺あたりはまだ自然が残されていていいですね。
貫井神社の亀は外来種だったのですか。
あまり亀の種類とか知りませんので。。。(^^;

やはりハケの道は散歩道として良いですね。
自分の家の近くにそんな道があったらなぁと思います。

国分寺跡も随分変わりましたね。
おっしゃる通りで、そのままの方が自分的には自然な感じで好きでしたが。
埼玉の都市と提携しているようで市民が作成したレンガが積まれ、それはそれで良い感じではありましたけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハケの道:

« みかえりの郷彩花の湯 | トップページ | 尼ヶ禿山、迦葉山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ