« 矢ヶ崎山 | トップページ | 西沢渓谷へ »

山彦谷南の耳、北の耳、ゼブラ山

夏と言えば霧ヶ峰。
もう何度も歩いて一通りの道は歩いてしまった感がありますが、何度歩いてもやはりいい山です。

2018082601

今回は車山高原バス停が歩き出し。
日差しが暑く、リフトにちょっと惹かれたものの、やっぱり登りましょう。

2018082602

だいぶ登らされて車山の山頂。さすがに観光客だらけ。でも、八ヶ岳も全部見えて、さらに富士山もしっかり見えました。絶景かな。

2018082603

山頂の車山神社でお祈り。なぜか鳥居の写真を撮っている人が多いなと思ったら、その向こうに富士山が見えていたからでした。

2018082604

直に下る道は随分前に閉鎖されてしまって、分岐まで戻り、さらに分岐を曲がって山彦谷へ。以前よりも歩く人が増えたようでした。

2018082605

急に下って登り返します。

2018082606

北の耳。

2018082607

今回は途中の分岐で曲がって大笹峰に行ってみました。一組だけ人がいましたが、静かなピークでした。

2018082608

さらに歩いてゼブラ山。ここは人が結構いました。遠くには佐久方面でしょうか、山が見えていました。

2018082609

八島湿原に降ります。今年の夏後半は雨が多いせいか、しっかりと湿原になっていて吃驚。

2018082610

いつもならヒュッテみさやまからインターチェンジに降りる所ですが、最近はあまり歩かれていないので、登山地図からも消されてしまっていますね。
沢渡経由でも下れますが、登り返して車山の肩へ。結構暑い中の登りで我慢の道でした。

2018082611

車山の肩の売店で高原牛乳を使ったソフトクリームを買って食べると美味しかったです。

2018082612

ということで上諏訪温泉へ。今回は精進湯に入ろうと思ってバスから見ていたらやっていない雰囲気。後で調べると廃業してしまったようです。残念。→過ぎし日の精進湯
なのでいつもの片倉館の入浴で〆ました。

それではお花達。

2018082621

ハクサンフウロは少ないけれど咲き残っていました。

2018082622

ウメバチソウも日差しにやられ気味。

2018082623

自分の山歩きでは最近はなかなか会えなくなっているコウリンカ。

2018082624

ハナイカリはたぶん初めてかな。

2018082625

アサマフウロもしっかり会えました。

2018082626

晩夏と言えば、やっぱりマツムシソウ。

やはり楽しい山歩きでした。

|

« 矢ヶ崎山 | トップページ | 西沢渓谷へ »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

私がこの夏、霧ヶ峰へ行ったのがニッコウキスゲの咲く、七月上旬でした。
目的は、ニッコウキスゲと昨年、ランチに立ち寄った「ヒュッテみさやま」
に一度泊まってみたかったのです。
その日は季節外れの台風の後で、宿泊者は私一人、
若い小屋番と霧ヶ峰や山の本の話をして、楽しい時間を過ごし、
翌日は、誰もいない霧の八島湿原を満喫してコロボックルヒュッテで
コーヒーを飲んで諏訪へ下りました。
秋にまた行く約束をしましたが、9月は天候が悪く、10月に行けるかな?

投稿: たまびと | 2018年9月27日 (木) 12時37分

たまびとさん、こんにちは。

霧ヶ峰のニッコウキスゲ、だいぶ回復したようですね。
霧ヶ峰では泊まったことがありませんが、時期や日を選べば静かな山が楽しめそうですね。
のんびりした避暑にはぴったりなのでしょうね。
秋も静かで良さそうな。

今年の紅葉は北アルプスなどは、かなり悪いようですね。
写真を見るとほとんど茶色。
気温が急激に下がったり、上がったりが大きすぎるせいでしょうか。
低山も期待薄ですねぇ。。。

投稿: リブル | 2018年9月27日 (木) 21時10分

 リブルさん、こんばんは。
同じようなところを私も7月のキスゲの時期に歩いたので、いろいろ思い出します。

マツムシソウは7月の時点でも一輪だけですが咲いているのを見つけましたが、
リブルさんが歩かれた8月末(9月初旬?)は、さすがに今年の猛暑で花もやつれ気味
といったところだったのでしょうか。

ところで、北アルプス、今年は紅葉時期には絶対…とムーンライト信州の指定券まで
購入したのですが、雨マークでさすがに見送り…行かなくて正解だったのでしょうか(笑)。
夏が暑かったので、今年は紅葉を期待していたのですが、ここのところの雨続きや
気温の乱高下ではあまり望まない方が好いのでしょうかね。

霧ヶ峰は、二年連続で行ってしまったほど、私の中ではお気に入りになってしまいました。
来夏も行こうかな~なんて、鬼に笑われるようなこと考えています。

投稿: ゴン太 | 2018年9月27日 (木) 22時28分

ゴン太さん、こんにちは。

マツムシソウは結構見かけましたよ。特に酷暑の影響はそんなに多くないような。
以前に比べると少し少ないかなと思いましたけど、最近のお花の減り具合からすればまだ生き残っている方に思えました。
ウメバチソウは終わりかけていて、こちらは酷暑の影響がありそうに思えました。

確かに今年の秋はひたすら雨ばかりですね。
雨のアルプスはかなり寒いし、きついことが多いです。
小屋泊まりならともかく、テントは凹むことが多いですよ。(^^;
急激に下がる方が普通は紅葉はきれいになるのですが、寒くなった後に気温が戻ってしまうのが、
茶色になってしまう原因ではないかと自分は考えています。
やはり梅雨にしっかり雨が降らなかったのも一因ではないかと。

霧ヶ峰、自分ももう何度目なんでしょうか。
やはり避暑には最適だし、お花も多いし、楽しいですね。
コース取りを考えれば、お手軽コースからそれなりにしっかりコースまで選択自由なのも楽しいですしね。

投稿: リブル | 2018年9月28日 (金) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山彦谷南の耳、北の耳、ゼブラ山:

« 矢ヶ崎山 | トップページ | 西沢渓谷へ »