« 巾着田の曼珠沙華から顔振峠 | トップページ | 大菩薩の湯 »

泉水十文字へ

9/23は大菩薩へ。

2018092301

塩山駅から大菩薩峠登山口へ。遭難を防ぐように山岳救助隊にも所属しているという警察官の方がティッシュを配布していました。どこへ行くか聞かれたので、まさか巡視路歩きとも言えず、丸川峠と答えておきました。バス停から歩き出し、丸川峠入口から丸川峠へ向かいます。

2018092302

しばらく林道状の道を進むとここから取り付き。

2018092303

やはり丸川峠への道はそれなりに登らされます。途中の岩場で滑ってしまい、少し傷を作ってしまいました。気をつけないとね。

2018092304

久しぶりの丸川峠。休まず先へ進みます。

2018092305

ちょいと台風などの影響もありますが、それほどではなく進んでいきます。途中には初の紅葉している木を見ます。

2018092306

何度も天庭峠には来ていますが、とても峠とは思えない場所。

2018092307

以前から目をつけていた場所から取り付き、天庭沢に下っていきます。木橋もしっかりしていました。

2018092308

途中にはものすごくしっかりした斜面が。石積みもとてもきれいで、何かあった場所なのかな。

2018092309

無事に林道に降り立ち、しばらく進むと牛首の表示のある場所を通過。

2018092310

再び山に取り付いて巡視路に入ります。ここも木橋はしっかりしていました。

2018092311

谷状の地形を登り、登り着いた所からはしっかり巡視路。

2018092312

途中には明瞭な尾根。登ればエンマ御殿なんでしょうけど、今日はそのまま巡視路を進みます。

2018092313

再び小さな尾根を過ぎるとひどい道に変わり、このあたりはミスったかなと思いながらも下ります。先へ進み、倒木なども越えながら行きます。ようやくの事で小さな沢を木橋で渡りますが、ここで昼食。

2018092314

先へ進んで学校尾根の分岐。ここは学校尾根に入ります。それにしてもなんで尾根の名前は学校?

2018092315

ひたすら登り、ようやく泉水十文字。標柱は自分は見落としたみたいで、分かりませんでした。

2018092316

登って下って沢を渡ります。

2018092317

見覚えのある所に出れば丸川峠。

2018092318

豆から挽くと書かれていたので、丸川荘でコーヒーを頼みました。ちなみにマイカップだと50円引き、マイカップを渡してしばらく待つと並々と注いでくれました。(^^)

2018092319

往路を戻りますが、14時にバスがあったような気がして、頑張って走って下りました。でも、自分の勘違い、バスは15時でした。ありゃりゃ。(T_T)

« 巾着田の曼珠沙華から顔振峠 | トップページ | 大菩薩の湯 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんは
先週10/8は、上日川峠から大菩薩峠を越えて、丹波山村まで歩きました。
台風一過の晴天を期待していましたが、一日中ガスの中を歩くことになり、
八王子で45.6mの記録的風速を観測した台風24号の爪痕は物凄く、
登山道は一面、台風で落ちた小枝に覆われ、いたるところ倒木でした。
大菩薩周辺の山々の木々は荒れ、今年の紅葉は期待できそうもありませんね。

たまびとさん、こんにちは。

丹波山道を歩かれましたか。
ガスの中では少し長く感じたでしょうね。晴れていれば楽しい道ですが。

やはり道は倒木が多かったですか。
あの台風は特に山梨方面がひどいようですね。
奥多摩も影響はあったようですが、御岳山付近を歩いた限り、手前の方は山梨県の山に比べればまだ比較的ましな印象を受けました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泉水十文字へ:

« 巾着田の曼珠沙華から顔振峠 | トップページ | 大菩薩の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ