« 970m点尾根から御正体山 | トップページ | 大塚山、御岳山、三室山 »

久我山から高井戸散歩

10/8は久我山付近を散歩。

2018100801

久我山駅を歩き出し、人見街道にある庚申塔を見に行きます。亨保7年(1722)のものということです。

2018100802

少し戻ってしばらく歩くと墓地の中にお堂があり、その中には庚申塔。古いものは寛文5年(1665)とか。

2018100803

線路を渡って歩くと久我山稲荷神社。お参りしました。

2018100804

人見街道に出てしばらく歩き、牟礼橋の所から玉川上水に沿った道に入ります。しかし、右側には新しい道路を作っている所、雰囲気が良いとは言えないようです。

2018100805

久我山病院近くの道を進むと再び庚申塔。安永5年(1776)のものだそうです。

2018100806

高速道路の下の道を進むと第六天神社。

2018100807

石造りの狛犬は明和8年(1771)のようです。

2018100808

環八に出て、しばらく歩き、横丁を曲がって少し進むと予想外に静かな吉祥院。本堂は文化3年(1806)だそうな。

2018100809

石像が印象的でした。

高井戸駅に出て帰りました。

« 970m点尾根から御正体山 | トップページ | 大塚山、御岳山、三室山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久我山から高井戸散歩:

« 970m点尾根から御正体山 | トップページ | 大塚山、御岳山、三室山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ