« 大菩薩の湯 | トップページ | 970m点尾根から御正体山 »

八王子城山へ

一ヶ月遅れのこのblogも、だいぶ巻き戻ってきましたが、10/6は八王子城跡へ。

2018100602

「霊園前」バス停は名称が変わって、「霊園前・八王子城跡入口」となりましたので、城跡に向かう人も多くなったのでしょうね。歩いていくと、八王子城跡ガイダンス施設というのができていて、入ってパンフレットなどをもらいました。

2018100603

しばらく歩けば、入口。無料のボランティアガイドを頼むこともできるみたいです。

2018100604

大手門の跡を見て先へ進むと古道の跡だそうです。

2018100605

当時は曳橋があったそうで、攻められた時は壊したということですが、今は観光用の立派な橋です。

2018100606

この石垣は当時のものらしいです。

2018100607

御主殿跡。広い場所です。

2018100608

塀跡など数々の遺構が残されています。

降りると御主殿の滝。小さな滝ですが、悲劇的なスポットです。
写真を撮ってここにも載せようとアップまでしたのですが、写真を見ているといろいろ見えるように思えてしまい、ここに載せるのは止めました。御主殿の滝で検索すれば見られます。

2018100610

以前に登ったヤブ道を登ろうかと思ったのですが、この時期はやはりヤブが濃いので止めました。ということで、ごく普通の道を登ります。

2018100611

結構きつい道を登ると金子曲輪。大汗かきました。

2018100612

ツリフネソウなどが咲いていました。

2018100613

八王子神社が近づくと展望が広がります。

2018100614

八王子神社。台風のせいで折れた枝がかかり、神社自体もだいぶ古びてきているようです。

2018100615

落ちた枝などを踏みながら松木曲輪。ここからの展望は少し木が邪魔ですね。

2018100616

道が見えないくらいに枝や葉などが落ちているので、結構大変でしたが、小宮曲輪。

2018100617

しばらく下り、松竹方面への踏み跡に入ります。

2018100618

途中の368m。心源院へは手製の道標があって問題なさそうです。

2018100619

ヤブ道に入って北条氏照のお墓に向かいましたが、一本隣の尾根を下ってしまったようです。お蔭でヤブだらけ、でも、なんとか降りられたので良かったです。

2018100620

さすがにお墓の写真をアップする気にはならないので、案内板だけ。氏照と家臣のお墓のようです。

霊園前のバス停に戻り、歩き足りなかったので高尾駅まで歩きました。

« 大菩薩の湯 | トップページ | 970m点尾根から御正体山 »

城跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八王子城山へ:

« 大菩薩の湯 | トップページ | 970m点尾根から御正体山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ