« コタラ沢から百蔵山 | トップページ | 神山と城峯公園 »

大堀沢右岸尾根

11/3は六ツ石山へ。

2018110301

水根バス停で下車して歩き出し。

2018110302

久しぶりの水根沢林道、台風の影響が心配されたけど、それほどでもなく、倒木があったり、わずかに桟道が歩きにくい所がある程度でした。

2018110303

大堀沢右岸尾根に取り付きます。ひどい急登が続いて、結構足場が危険な所もありました。やはりリスクがありますね。

2018110304

途中には大きな木。

2018110305

まずまずの紅葉もありました。

2018110306

少し傾斜が緩む所もありますが、また急登になります。上部はどちらかというと茶色になっていました。

2018110307

さらに上に行くと緩やかな尾根。もうこのあたりは冬枯れに近い状態でした。

2018110308

途中からは鷹ノ巣山などが見えましたが、もう寒そうな感じ。

2018110309

あっけなく縦走路に出て、尾根終了。

2018110310

軽すぎる気もしましたが、六ッ石山に向かいました。ここにも石標が立てられましたね。

2018110311

水根へ降ります。このあたりは良い雰囲気ですね。

2018110312

途中にも少し紅葉した木を見かけます。

2018110313

産土神社を通ります。

2018110314

青目不動尊に立ち寄りました。奥多摩湖を見ることができます。
立ち寄りませんでしたが茶店も営業していました。

2018110315

まだ時間も早かったので、久しぶりに奥多摩むかし道をたどることにしました。
さすがに歩いている人が多かったです。

2018110316

たきのり沢は小滝が連続していて、やっぱりのりのり?

2018110317

惣岳渓谷先の淡い紅葉も悪くなかったです。

2018110318

槐木も健在。

2018110319

途中でやめようかと思いましたが、頑張って奥多摩駅まで。足が痛くなりました。

« コタラ沢から百蔵山 | トップページ | 神山と城峯公園 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大堀沢右岸尾根:

« コタラ沢から百蔵山 | トップページ | 神山と城峯公園 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ