« 藤野やまなみ温泉 | トップページ | 大堀沢右岸尾根 »

コタラ沢から百蔵山

10/28は百蔵山へ。

2018102801

猿橋駅からのバスを落合橋で下車。

2018102802

コタラ沢に入ります。

2018102803

右岸道を探ったのですが、やはり踏み跡らしきものはほとんど消えているようです。左岸に渡り、小尾根を見つけてたどると踏み跡が伸びていましたので、それをたどり、途中で踏み跡から別れて登りました。再び小尾根を見つけ、それを辿って登っていきます。

2018102804

岩場が出てこないかと心配しましたが、細い急登ながらも登っていくことができ、上部には石標もありました。

2018102805

結局、907mの手前の南尾根に出る始末。もっと先に進むべきでした。登山道を登って久しぶりの百蔵山ですが、やっぱりこの日は富士山は見えませんでした。

2018102806

でもリンドウがたくさん。

2018102807

先へ進むと紅葉が始まっていてカラフルですね。

2018102808

頑張って扇山を目指します。やはり歩く人が多いですね。台風の影響もありました。

2018102809

だいぶ登らされて扇山に近づくとやはり色づいていました。

2018102811

扇山の山頂は団体さんも含めてたくさんの人。でも、時間のせいかみなさん下山すると一気に静かになりました。

2018102810

あまり派手はないですが、オレンジ色もまずまず。

2018102812

先へ進みます。下っていくと山谷方面の道を分岐。

2018102813

左に折れて先へ進み、犬目への道を右に分岐。しかし、ここは左の道を進みます。

2018102814

倒木だらけの登山道を進みます。でも、テープなどが付けられていて進路 が分かりやすくなっていました。しばらく頑張ると犬目丸。

2018102815

どうも次の週に登山競技があるようでそこそこ整備してくれたみたいです。萩ノ丸は直下を通り過ぎて下っていくと金比羅社。久しぶりに双体道祖神がありました。

2018102817

道路に出て、普通なら四方津駅へ向かいますが、あえて右へ進んで犬目の集落へ。

2018102818

ゴルフ場の中の道、とい感じの道路を歩いて太田バス停へ出て、右へ行くと太田峠道の入口。

2018102820

しかし、相変わらず変な所を歩いてしまい、難儀してようやく出た所はヤブだらけの道、最近はほとんど使われていないようです。ヤブから出てほっとすると手製の道標がありました。

2018102821

最後まで気の抜けなかった山行になりました。

 

 

« 藤野やまなみ温泉 | トップページ | 大堀沢右岸尾根 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コタラ沢から百蔵山:

« 藤野やまなみ温泉 | トップページ | 大堀沢右岸尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ