« 楢原から諏訪山 | トップページ | 浜平温泉 しおじの湯 »

楢原から諏訪山2

続きです。

2018102115

ヤツウチグラから見ると向こうにはようやく諏訪山が。
でも、ここから見るとなんか平凡な山頂ですね。(^^;

2018102116

最初はかなりの急降下があり、長いロープの付いた所もありました。
その先は雨が多かっせいか、それとも暑かったせいか、踏み跡チックな道。
まずまずの紅葉が見られました。

2018102117

近い割には結構アップダウンがあり、ようやくの事で諏訪山の山頂。樹林の中で眺めもなく、静かな山頂でした。さっさと往路を戻ることにします。

2018102119

登るときには見落とした乙父などへの道標がありますが、道は消えているようです。
そもそも倒木でしたけど。

2018102120

ヤツウチグラに戻って昼食と眺めを楽しみます。帳付山とか天丸山の方かな。その先は両神山でしょうね。

2018102121

西上州方面はさっぱり分からないけど、たくさん山が並んでいました。

2018102122

ひたすら往路を戻ってようやく湯ノ沢の頭まで戻ります。帰りは浜平に向かいます。

2018102123

古いガイドに休むのに良いとあった場所はこの時期は樹林で残念ながら諏訪山を見ることはほとんどできませんでした。

2018102124

樹林帯は踏み跡がしっかりしていましたが、さすがに沢沿いの登山道は荒れ気味。
道をロストして適当に沢沿いを下った所もありました。

2018102125

浜平の源泉付近かな。茶色になっている沢が合流しています。

2018102126

浜平鉱泉の廃屋を見て、神流川に出れば登山口の表示があって終了でした。

« 楢原から諏訪山 | トップページ | 浜平温泉 しおじの湯 »

登山(西上州)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楢原から諏訪山2:

« 楢原から諏訪山 | トップページ | 浜平温泉 しおじの湯 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ