« 楢原から諏訪山2 | トップページ | 峰山へ »

浜平温泉 しおじの湯

諏訪山の帰りは浜平温泉しおじの湯へ。

2018102127

登山口から通常なら20分程度のようです。
なかなか立派なきれいな施設。
入浴料は500円と安価で登山者にも嬉しい料金。

源泉温度は低く、メタケイ酸が温泉法の規定量以上含有ということで温泉に該当しているようです。昔ならば鉱泉と呼ばれる泉質ですね。

お風呂は広く、内湯、露天風呂ともにわずかにぬるめな感じでした。
お湯はわずかに独特の香りがありました。しっとり感もあり、いいお湯でした。
かなり温まるお湯で十分に体が熱くなりました。

お風呂から上がり、プラムを使ったアイスクリームが売られていたので購入。
食べごたえがあり、美味しかったです。

2018102129

施設のわずか先にバス停があり、早朝に一本、午後二本ですが、ここ始発で新町行きのバスがあります。
新町駅まで2時間30分のバスの旅、途中、万場で数分のお休みがありますが、さすがに駅まで乗ると疲れました。

« 楢原から諏訪山2 | トップページ | 峰山へ »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちは、
10/21は本当に素晴らしい天気でしたね。
月一回程度の私の山歩きでは、数年に一度、巡り合えるかどうかの天気でした。
その日は、霧ヶ峰を歩いていました。
7月のニッコウキスゲの時は、台風の影響で、強風とガスの中の山歩きでしたので、
リブルさんの秋の霧ヶ峰を見て、もう一度、今年中に訪ねたいと思っていました。
車山より薄っすらと雪化粧した富士山やアルプスの大パノラマを楽しめました。

先週は、再度雪化粧の富士を見たいと本家?雁ヶ腹摺山へ行って来ましたが、
日が昇ると共にガスが湧き、名物の富士の展望は望めず、代わりに紅葉した
「シオジの森」を散策してきました。
シオジの木を初めて意識して見ました。

たまびとさん、こんにちは。

あの日はいい天気でした。
霧ヶ峰も楽しそうですね。雪を抱いた北アルプスも良さそうです。

本家の雁ヶ腹摺山はまだ歩いたことがありません。
やはりあのあたり、自家用車がないと難しいですね。
シオジの森、あまり見たことがありませんが、やはり山深い感じがするのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜平温泉 しおじの湯:

« 楢原から諏訪山2 | トップページ | 峰山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ