« 三條大塚山 | トップページ | 聖武連山、能岳 »

熊倉山長尾尾根

12/24は熊倉山へ。

2018122401

武蔵五日市駅からのバスを南郷バス停で下車。

2018122402

この日は思ったほどには冷え込まず、熊倉林道の入口。

2018122403

長尾尾根に取り付きますが、のっけはひどい急登。足場もあまり良くないので注意しながら登りました。

2018122404

下部は植林の森という感じですが、上部になればなかなか良い尾根です。

2018122405

844mと思われるあたり。途中にもありましたが、自然環境保全特別地域の看板が立っています。

2018122406

しかし、反対側は広大な伐採地。写真はしばらく先へ進んだ所から撮ったもの。眺めはいいんですけど、ちょっと複雑な心境。

2018122407

伐採地の先は踏み跡もしっかりしていて歩きやすく、先に山が見えてくれば、もう笹尾根まで間近。

2018122408

あっけなく縦走路に出れば終了。

2018122409

右へ少し行って熊倉山。さすがに冬枯れだと随分印象も違いますね。

2018122410

反対に進み、軍刀利神社元社でお参り。

2018122411

風が強いのか富士山の雲がなびいてしまっていました。

2018122412

ここまで誰にも会いませんでしたが、さすがに三国山の山頂には休んでいる方がおりました。

2018122413

まだ早い時間でしたが下山にかかります。軍刀利神社で再びお参り。

2018122414

石楯尾神社に降りても良かったのですが、今日は鎌沢入口に向かいます。

2018122415

鎌沢の集落は明るい良い雰囲気でした。

2018122416

下る途中で熊野神社に立ち寄り。

2018122417

7本ほどあるカシの御神木があるそうです。そのうちのこれかなりの大きさ。いずれも樹齢は500年ほどあるようです。

2018122418

甲州裏街道と書かれた表示を見ます。古道なのでしょうね。

2018122419

鎌沢入口バス停に出ましたが、早い時間なのでバスはなく、ちょっと遠かったけど一時間ほどかけて藤野駅まで歩いてしまいました。

今年の分をすべてアップしきれませんでしたが、今年もご覧頂きありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。

« 三條大塚山 | トップページ | 聖武連山、能岳 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊倉山長尾尾根:

« 三條大塚山 | トップページ | 聖武連山、能岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ