« 太郎治沢付近から牛の寝へ | トップページ | また市道山 »

御嶽山から子王山

11/24は西上州へ。

2018112401

群馬藤岡駅から「めぐるん」というバスに乗ります。ワゴン車タイプのバスですが、乗客は自分一人。高山社跡で下車します。

2018112402

高山社跡は、まだ時間が早く中は見学できませんでしたが、外観だけ見ることができました。世界遺産の絹産業遺産群の一つです。

2018112403

先へ進んで御嶽山に向かいますが、なんと右の道がそれ。これは廃道?先は藪の多いほとんど使われていない林道でした。

2018112404

なんとか林道終点まで登ると御嶽山を示す道標がありました。

2018112405

少し道が分かりにくいですが、このあたりが高山でしょう。

2018112406

細い尾根を進んでいきます。

2018112407

石祠や石仏のある所が御嶽山。眺めはありませんでした。

2018112408

ひたすら尾根を進みます。途中は少し紅葉がきれいな所が。

2018112409

眺めが少しある所に出ると近くの山も紅葉していていい感じでした。

2018112411

やはり青空の日の紅葉はいいですね。

2018112412

通り過ぎそうになりましたが、なんとか日向山。

2018112413

民家に出たあたりで道が不明で、右往左往。かなりの遠回りで道を歩き、だいぶ時間をロスしましたが、なんとか子王山に向かいました。

2018112414

めぐるんの終点。

2018112415

少し先の林道に出ると御荷鉾山などの眺めが素晴らしい印象でした。

2018112416

木段を登ると子王山の山頂。

2018112417

わずか先が展望台になっていて、白い雪を抱く谷川岳や武尊山と思われる山を見ることができました。

2018112418

先へ下っていくと登ってきた人たちに二組ほど会いました。

2018112419

のんびり里道を下っていくと子育地蔵がありました。

2018112420

下る道もやはり御荷鉾山などの眺め。明るい眺めのいい場所で、民家があるのは頷けますね。

2018112421

まだバスまで時間があるので、蛇喰渓谷を見ながら歩きました。

2018112422

黒石バス停に出て、のんびりとバスを待ちましたが、何もないバス停で40分待ちは辛かったです。もちろん帰りも一人。群馬藤岡駅に戻りました。

 

« 太郎治沢付近から牛の寝へ | トップページ | また市道山 »

登山(西上州)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山から子王山:

« 太郎治沢付近から牛の寝へ | トップページ | また市道山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ