« 花桐から伊豆ヶ岳 | トップページ | 御嶽山から子王山 »

太郎治沢付近から牛の寝へ

11/23は牛の寝へ。

2018112301

奥多摩駅からのバスを小菅役場前で下車。以前は小菅まで入れましたが、小菅の湯に変わってからは初めて。朝のバスはこの先に行かなくなってしまいました。(小菅の湯からの折返しは行くみたいですが。)

2018112302

中黒茂沢の近くから下り、あるかどうか一番心配していたのはこの橋。しっかり小菅川にかかる橋を渡ることができてホッとしました。

2018112303

作業道と思われる道を登っていきます。

2018112304

太郎治沢が近づくと大きな木も出てきますが、あまり歩かれておらず、足元がだいぶ不安定な所が多かったです。

2018112305

太郎治沢を奥まで行き、やがて谷を渡りますが、もうこのあたりは水は涸れていました。

2018112306

左岸尾根と合わさったあたりにはモノレールがありました。

2018112307

しばらくはモノレール軌道とお友達。やがて左に山腹を進むようになるとほぼ踏み跡の斜面。なんとか踏み跡をたどります。

2018112308

落ち葉の多い踏み跡を辿ると牛の寝の登山道に出ました。しっかり「牛の寝」と書かれていますね。

2018112309

先の高みに登って、明るい所で随分早い昼食にしました。

2018112310

しばらく進んでから折り返すように踏み跡に入ります。谷の中をしばらく下る道は間違ったかなと思うくらい下りました。

2018112311

やがて谷から離れて右に進むと木橋を見ます。

2018112312

だいぶ右にトラバースして歩くと左岸尾根にぶつかりました。のんびり踏み跡を下っていきます。

2018112313

随分下って植林地らしき所を通りますが、ネットがあって通れない雰囲気。踏み跡を探して適当に下ると、橋が見えたので、それに向かって降りました。

2018112314

白糸の滝の少し先に出ることができましたので、滝に立ち寄りました。

2018112315

わずかに紅葉が残っていました。

2018112316

再び林道を歩き、以前の小菅バス停。今は大菩薩峠東口になっています。

2018112317

まだ時間が早かったので、頑張って坂の多い道路を登って小菅の湯へ。
やはりぬるつきのあるお湯で、露天風呂はなんか気泡がたっぷり付きましたけど、お湯が変わったのかな?
温まるいいお湯を堪能して帰りました。

« 花桐から伊豆ヶ岳 | トップページ | 御嶽山から子王山 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太郎治沢付近から牛の寝へ:

« 花桐から伊豆ヶ岳 | トップページ | 御嶽山から子王山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ