« 熊倉山長尾尾根 | トップページ | 青梅七福神 »

聖武連山、能岳

あけましておめでとうございます。
12/29は2018年最後の山へ。

2018122901

新井バス停が歩き出し。しばらく歩いていくと集落からも富士山が見えました。

2018122902

八重山ハイキングコースの入口の先へ進み、道標を見て聖武連山の東コースに入ります。

2018122903

小さな山ですが、富士山の眺めもよく、集落も左下の眼下に見え、良い山でした。

2018122904

西コースを下り、少し戻るように歩くと尾続バス停への道が別れていました。簡単に登るなら新井バス停から歩くよりも、そちらから入る方が近いですね。

2018122905

八重山ハイキングコースに入ります。

2018122906

能岳の山頂は風が強く寒かったけど、富士山がきれいでした。

2018122907

柔和なお顔の石仏も健在です。

2018122908

八重山山頂は特に風が強く、帽子が飛ばされそうになりました。

2018122909

ウッドデッキは寒くなかったら、のんびりしていきたい所ですね。

2018122910

下っていくと盗掘などの注意書き。この山でもやはり貴重な植物などを掘りとってしまう不届き者がいるそうです。みんなの目でこういう人たちから植物を守りましょうね。

2018122911

懐かしき登山口。目の前に駐車場が作られていて雰囲気が変わっていました。

2018122912

取り付きがお墓で迷ったけれど、秋葉山。

2018122913

根本山には金比羅大権現の石碑。

2018122914

久しぶりに上野原駅北口。転回場に変わっていました。

最後に相応しく、富士山をたくさん見られた良い山歩きでした。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

« 熊倉山長尾尾根 | トップページ | 青梅七福神 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、
遅まきながら、今年も宜しくお願いします

能岳、懐かしいなぁ。
そぉいえば…あの時、地震で転進したと言ってましたものね。
私も再訪の折は、聖武連山から根本山までと思ってたんで、
同じ考えだったんだーって、ニヤニヤしながら読んだ所です
29日の富士山の雪煙は、昼過ぎからだったのね、氷解でした。

れれちゃん、こんにちは。

そう言えば能岳は偶然に、れれちゃんとお会いした山でした。
この時期でも比較的軽い山歩き、のんびり富士を見ながら歩ける良い山ですね。

上の写真では見にくいと思いますが、聖武連山からの富士でも雲がわずかになびいています。
あの日は朝のうちまだそれほどではなかったですけど、午前中遅い時間から強風が吹きました。
富士山は朝から強風だったのだと思いますよ。

それでは、こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖武連山、能岳:

« 熊倉山長尾尾根 | トップページ | 青梅七福神 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ