« 箱根湯本温泉 弥坂湯 | トップページ | あしがくぼの氷柱 »

武川岳から二子山

1/12は奥武蔵へ。

2019011201

名郷で下車したのは自分一人。

2019011202

もう何度も歩いていますが、南尾根を取り、天狗岩。

2019011203

短いのがちと残念。それにしても寒いです。

2019011204

前武川岳までは誰にも会いませんでしたが、さすがにこの先は人に会いました。

2019011205

やはり天気はどんよりでしたが、武川岳の山頂にはお一人休まれていました。

2019011206

二子山に向かう道は山を初めて間もない若い頃に歩いた道。レポも書いていない頃で写真もほとんど撮っていないので、残るのはほぼ自分の記憶だけ。やはりすっかり忘れていますね。

2019011207

ザレた下りがあり、その先で尾根が歩けなくなっていて、右の林道を歩かせられました。

2019011208

久しぶりの焼山。ここは何かの折に来たはずなので、多少記憶が残っています。 それにしても武甲山はどこまで削られてしまうのでしょうか。

2019011209

これから向かう二子山。この眺めは記憶にイメージ化されて少し残っていました。

2019011210

きつい登りの後、右手の岩場のような所に出ると歩いてきた尾根を振り返ることができました。

2019011211

雄岳に着きますが、ここは樹林で薄暗い山頂なので先へ進みます。

2019011212

多少はマシな雌岳で昼食にしました。浅間神社経由の道はこの時期は通行止めです。

2019011213

兵の沢へ向かう道はひどい道。ロープがもしなければ下れないほどの下り。その先はそれほどではなくなり、谷の中を下っていきます。流れを渡って先へ行くと面白い木があり、裏側にひっそりと石祠が置かれていました。

2019011214

登り返して小さな峠のような所を過ぎるともう芦ヶ久保付近の集落が間近に見えました。

« 箱根湯本温泉 弥坂湯 | トップページ | あしがくぼの氷柱 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

日本武尊の神話の舞台にもなった秩父の名峰、
武甲山の無残な姿を見ると、人間の行為の凄さを感じます。
文字通り、高度経済成長を身を削って支えてくれた山に感謝します。
私が武甲山に登ったのは、1977年3月、山頂が削られる直前でした。
あれから40年、ここまで山が削られるとは・・・・

たまびとさん、こんにちは。

最近は見る度にどんどん酷くなっていくように見えます。
見えない地下でも採石は進んでいるようですし、
ごく近い将来には、こんな大きな山が無くなってしまうのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武川岳から二子山:

« 箱根湯本温泉 弥坂湯 | トップページ | あしがくぼの氷柱 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ