« 都留自然遊歩道 | トップページ | 箱根湯本温泉 弥坂湯 »

白銀山へ

1/5は箱根の藪山へ。

2019010501

箱根湯本からバスに乗り、発電所前で下車。

2019010502

しばらくは巡視路でしたが、箱根新道の下へ出るのが踏み跡も怪しく、一苦労。

2019010503

しばらく迷ったあげく、ようやく鉄管が曲がる所にこの小さな道標を見つけました。

2019010504

かなりの急登が続きます。

2019010505

一旦緩んだ所には御料局三角点を久しぶりに見ました。

2019010506

踏み跡はあるような無いような。テープを見た所は尾根が別れている所のようでした。

2019010507

上へ行くと笹が出てきて、登るにつれてひどくなります。背丈を越えるほどの笹の中を泳ぐように進みました。

2019010508

急に笹が刈払われている所に出て少し進むと白銀山の山頂。三角点がありました。
もう道標は古くなり、倒れたようですが、なんとかまだ残っていました。

2019010509

まだ早い時間ですが、この先も難しそうなのでさっさと進みます。

2019010510

やはり笹藪の中をしばらく進みます。ようやく踏み跡らしきものがはっきりしてきて、その先へ進んでいくと左に曲がるように書かれているのですが、その先に進んでよいものかどうか分かりません。

2019010511

いくつも分かりにくい所を進んでいくと、なんとか三所山に着けました。

2019010512

先へ下り、尾根から外れますが、それを進んで良いのか迷いましたが、踏み跡を辿りました。テープを見つけてホッとします。

2019010513

さらに下っていくのですが、途中で左の尾根に入る所は進むべき方向かとても迷いました。しかし、進んでいくと406.4mの三角点を見つけて狂喜!

2019010514

下部も非常に分かりにくいですが、なんとか下っていくと堰堤を見て、道路に出ることができてホットしました。

2019010515

時間的には短いですが、精神力を使った山歩きとなりました。

 

« 都留自然遊歩道 | トップページ | 箱根湯本温泉 弥坂湯 »

登山(箱根)」カテゴリの記事

コメント

白銀山を拝見いたしました
御料局三角点を探しております
途中に、御料局三角点が設置されている位置を教えてくれませんか
どこの尾根に設置されているかでお願いします

宜しくお願いします。

どのような理由でお探しかわかりませんが、
ここは普通の登山道ではないので入山は自己責任になります。
このため、自分には示せるようなものは何もありません。

すみませんが、上記の写真やネット上の記録を検索するなど、
類推して頂けますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

ご指摘ありがとうございました
本日、御料局三角点を確認して来ました
巡視路から、箱根新道鉄橋へ送水管取り付き地点までは不明でしたが、尾根上は
快適でした。
取り付き地点から、間もなく御料局境界標があり、ここは御料林だったと思われます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白銀山へ:

« 都留自然遊歩道 | トップページ | 箱根湯本温泉 弥坂湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ