« 白銀山へ | トップページ | 武川岳から二子山 »

箱根湯本温泉 弥坂湯

白銀山の帰りは、湯本駅へ向かう途中にある弥坂湯へ。

2019010521

入浴料は650円だったかな。温泉銭湯にしてはちょいと高め。
今や少なくなった番台で料金を払います。

作りはごく普通の銭湯という感じで、内湯のみのシンプルな作り。
カランもそれほど多くありませんでした。

自分が入浴したのはお昼過ぎということもあって、女性の方は入浴している人がいた模様ですが、男性は誰もおらず独り占め。自分が上がる頃にようやく一人来たくらいでした。

成分表などは見ませんでしたが、単純温泉でしょうか。
ぬるめのお湯に感じましたが、浮かんでいた温度計を見ると42℃くらいでした。
冬場と夏場で温度を変えているようです。

体が山で冷えていたので、最初は寒いくらいに感じましたが、長く入っているとじんまりと温まってきます。出る頃にはすっかり汗をかくくらいに熱くなり、しかも出てからもずっと冷めず、家に帰って寝る時もまだ体がほかほかするくらいに感じました。

やはりいいお湯でした。

« 白銀山へ | トップページ | 武川岳から二子山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根湯本温泉 弥坂湯:

« 白銀山へ | トップページ | 武川岳から二子山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ