« 二股山へ | トップページ | 四季の森星野へ »

岩山

あまりにも早く二股山を歩いてしまった上にバスに間に合ってしまったので、
ついでの岩山に行くことに。

2019021921

鹿沼西中入口バス停で下車して少し歩き、日吉神社でまずはお参り。

2019021922

少し左へ行くと登山口がありますが、ハイキングコースの入り口にしては随分細いですね。

2019021923

しばらく進むと岩場に出ます。のっけからなかなかの登り。この時期は乾いているので靴のフリクションをしっかり活かせます。途中でコースを外れて右の岩峰に登ってみたら、良い眺めで楽しいです。

2019021924

反対を見るとこんな感じで岩場が続いています。この写真だと小さくて見にくいと思いますが、左の岩峰の上にベンチがあり、そこがC峰と思われます。

2019021925

岩の間を通ったり、巻いたり、登ったりと忙しいです。途中には燕岳のイルカ岩を思いださせる感じの岩もありました。

2019021926

途中の鎖場も体を持ちあげる必要があったりして、なかなかです。ひたすら岩場のアップダウンをこなすとようやく二番岩。

2019021927

お腹が空いてしまったので、小さな岩峰に登って簡単な昼食。向こうに見えるのは那須方面かな?

2019021928

さらにアップダウンで最高峰の岩山。向こうにはさきほど登った二股山が近く見えていました。

2019021929

少し山が邪魔しますが、日光連山ももちろんしっかり見えました。

2019021930

先へ進んで猿岩に出ますが、 この鎖場が最強。数十メートルある長い鎖場の上にほとんど垂直、かつ、岩には足場がない所がほとんど。過去に死亡事故が何度も起きているいわくつきの鎖場です。
トライしてみましたが、シャレになっていません。足をあまり踏ん張れず、腕力で鎖にすがる感じです。必死に下ってなんとか事故なく下ることができたものの、超危険でリスク最大でした。なので腕力を酷使したせいで、一週間経ってもまだ腕が痛いです。(T_T)
良い子は巻き道で下るか、一のタルミから降りる、あるいは往路を戻りましょう。

2019021931

あまりにも危険な下りだったので、放心状態に近い感じでバス停に戻りました。

2019021932

バスが来るまで15分ほどでしたが、そんなに遠くなさそうなので、駅まで歩いてしまいました。

« 二股山へ | トップページ | 四季の森星野へ »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩山:

« 二股山へ | トップページ | 四季の森星野へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ