« 草木尾根 | トップページ | 岩山 »

二股山へ

2/16は栃木へ。

2019021901

早朝の電車を乗り継ぎ、新鹿沼から石裂山方面の上久我線に乗り、岩の下バス停で下車します。

2019021902

しばらく林道を歩くのですが、山の冷気が超寒いです。ようやく登山口。

2019021903

少し急な道を登っていくと尾根に出ます。下山時に迷わないようにしっかりと手製の道標が付けられています。

2019021904

先に急峻な登りで南峰へ。こちらからは男体山などの日光連山も見えていい山頂です。

2019021905

しっかり山名板がありました。

2019021906

急峻な下りで鞍部に降りて、また急登で北峰。大きな石祠がありました。

2019021907

向こうに見えるのは古賀志山あたりかな。

2019021908

10時だというのに下山を開始。下りは下沢へ。結構急な下りがありますが、しっかりとトラロープなどがあり、整備されています。途中にはつつじ平と書かれた所を通過します。

2019021909

大きな岩も見て登り返すと下沢城跡。古い山名板があり、背戸山とありましたが、古くはそう呼ばれていたのかな。

2019021910

しばらく下れば登山口。周回コースになっているようで、別なコースがあったようです。

2019021911

大関橋から振り返ると二股山がよく見えました。

2019021912

下沢大関橋のバス停に着いたのは、なんと10時50分。わずかに遅れてきた新鹿沼駅方面のバスにぴったりでした。

 

« 草木尾根 | トップページ | 岩山 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二股山へ:

« 草木尾根 | トップページ | 岩山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ