« 津森山と人骨山 | トップページ | 草木尾根 »

向山から南山

2/2は丹沢へ。

2019020201

本厚木駅から半原行きのバスに乗り、田代で下車して歩き出し。

2019020202

本当は上志田に直接出る道を取りたかったのですが、取り付きのお店がなくなっていました。ということで、登山地図にある地図で三増合戦場に向かいます。

2019020203

しばらく登っていくと三増合戦場跡。武田軍が小田原城を攻めた帰りを狙って北条軍と戦いになったようですが、北条軍の方がやられてしまったようです。

2019020204

上志田バス停の少し先には首塚。近くの森には胴塚があるそうだけど、あまり近寄りたくないですね。

2019020205

変な所から取り付いてしまい、ちょいとヤブの中を通りましたが、登っていくと登山道に出てホッとしました。

2019020206

少し登れば富士居山。三角点があり、雪の付いた丹沢の山を多少見ることができました。

2019020207

尾根を淡々と進んでいくと志田峠への道が分岐します。

2019020208

わずか先が向山の山頂。眺めもなく、電波塔があるだけのあまり面白みのない山頂。

2019020209

さらに先へ進んでいくと倒木もそれなりにあり、踏み跡ちっくになりましたが、なんとか大峰。

2019020210

手前から半原方面に下りますが、やはり踏み跡っぽい感じの道で、下りにくかったです。

2019020211

半原近くに出て、あいかわ公園に向かいます。

2019020212

あいかわ公園は広い感じ。さすがに上部は遊具もなく、枯れた芝生があるだけなので人がいませんでした。

2019020213

えらくきつい木段の登りが続き、宮ヶ瀬ダムからの道を合わせると鉄塔に出ます。以前に歩いた韮尾根からの道が合流。

2019020214

途中には宮ヶ瀬湖がよく見えるピークがあります。

2019020215

久しぶりの南山。

2019020216

やはり雪が付くと丹沢の眺めもいい感じですね。白馬尾根の白馬もよく見えました。

2019020217

バス時間を気にしながら先へ。権現平から最後の眺めを楽しみます。

2019020218

樹林から宮ヶ瀬湖が近くみえればもう末端近く。

2019020219

虹の大橋を見ればもう最後。

2019020220

鳥居原ふれあいの館からの13時のバスに間に合いました。

風邪を引いてしまい3週間ぶりの山でしたが、軽めの楽しい山でした。

« 津森山と人骨山 | トップページ | 草木尾根 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

多摩よこやまの道に続いて、武田軍が小田原攻めに向かう前に攻めた
加住丘陵の高月城址と滝山城址を歩いてきました。
昨年のリブルさんのブログを読んでから、一度歩きたいと思っていました。
雨武主神社もなかなか良かった、196段の石段は登りごたえがありました。
体調は戻りましたか。

滝山城跡のあたりも楽しいですね。
この寒い時期の散歩にはぴったりですね。
お陰様で良くなりました。
今日の雪で近くの山も雪山になりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向山から南山:

« 津森山と人骨山 | トップページ | 草木尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ