« 四季の森星野へ | トップページ | 久しぶりに焼山へ »

千部ヶ岳

星野でお花を堪能した後は、出流観音へ。

2019022411

少し戻るようにバスは走り、巨大採石地帯を抜けるとようやく出流観音。

2019022412

車道をしばらく進めば、満願寺の大きな山門。

2019022413

入山料300円を払って奥の院へ。断崖の途中にある奥の院は洞窟があり、鍾乳石のような岩のような観音様がいらっしゃいました。

2019022414

千部ヶ岳に取り付くには奥の院手前から登れば簡単なようですが、悪い子なので本堂に戻って西の沢に取り付きました。しかし、途中で伐採地を登ってしまい、気がつくと石祠のあるピーク。どうやらここは543mのピークで剣ヶ峰と呼ばれているピークらしいです。

2019022415

眺めがいいからまあいいか。

2019022416

林道に出たり、植林の中を登ったりしてこの付近が600mと思われました。

2019022417

磁石を見て進み、正しく林道に降りられました。

2019022418

再び山に取り付き、655.8mの三等三角点。ヤブっぽい山頂でした。

2019022419

わずかに北に降りると木の合間からほんのわずかに日光連山が。

2019022420

道路に降りて千部ヶ岳に向かいます。

2019022421

しばらく道路を歩き、登山道に入りますが、最近は歩く人がおらず、荒れていて踏み跡みたいになっていました。

2019022422

静かな千部ヶ岳。あまり長居する山頂ではないようです。

2019022423

緩やかに尾根を下って先へ行くと岩のある展望台と呼ばれる場所。護摩壇の旧跡という看板があります。でも、樹林が邪魔してあまり見えません。

2019022424

ヤブ斜面をわずかに下るとなんとか見えたくらいです。

2019022425

下山にかかりますが、こちらも踏み跡状態。でも尾根は比較的分かりやすいし、なんとか古い木段がときおり残っているので降りられました。しかしなんともでかい道標が似合わない山。

2019022426

最後のあたりも道標が少なく、迷いそうでしたが、なんとか正しく降りられました。

出流観音バス停まではそんなに遠くはありませんでしたが、次のバスまで時間があったので再び出流観音でお参り後、お蕎麦屋さんに入って寒晒し蕎麦を食べました。冷たい水にさらしたお蕎麦で歯ごたえがあるお蕎麦でした。

 

 

« 四季の森星野へ | トップページ | 久しぶりに焼山へ »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千部ヶ岳:

« 四季の森星野へ | トップページ | 久しぶりに焼山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ