« 久しぶりに焼山へ | トップページ | 入名草から行道山 »

鹿野山へ

3/9は千葉の鹿野山へ。

2019030901

佐貫町からのバスを終点の神野寺で下車して歩き出します。

2019030902

大町桂月も泊まったという大塚屋旅館などを見て、戻るように歩いていくとまずは古い道標。 如意輪観音だそうです。

2019030903

しばらく歩けば、案内板の立つ入り口。

2019030904

古道を行くと鹿野山の碑があります。

2019030906

鳥居岬付近は何が岬かよく分からず、十州台へ。しかし、今はヤブ山になっていて、ヤブの中に入り込んでようやく三角点がありました。

2019030907

あたりを探しますが、道が分からず、うろつき回り、結局、谷に降りてしまいました。沢を下りかけましたが、登り返して山道に出てホッとしました。

2019030908

果たして正しい道かどうかよく分からず、半信半疑で進むときれいな谷地に出ました。

2019030909

橋を渡ります。

2019030910

舗装の道を登っていくと途中にはお地蔵さんが。これで地蔵坂であることが分かり、予定通りの道でした。

2019030911

途中には六地蔵かと思ったら、右側は地蔵がありませんでした。置かれている裏面がくずれているようですが、そちらにあったのかな。

2019030912

山神社を見ます。

2019030913

途中には植栽っぽいけどミツマタ。

2019030914

鹿野山へ戻る田倉みちに入ります。わずかに右手が眺められる所がありました。

2019030916

神野寺に戻ってきたのでお参り。なかなか大きな神社で裏には奥の院もありました。

2019030915

近くには早咲きの桜がよく咲いていました。

2019030917

大イチョウのようです。秋の黃葉したときに来てみたいですね。

« 久しぶりに焼山へ | トップページ | 入名草から行道山 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿野山へ:

« 久しぶりに焼山へ | トップページ | 入名草から行道山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ