« 富士山、佐白山へ | トップページ | 久しぶりに奥久慈男体山へ »

羽黒山、棟峰

佐白山は午前中の早い時間に終わったので、三駅ほど列車に乗って羽黒駅へ。

2019031821

羽黒駅からしばらく歩いて国道を越え、さらに歩いていくと先には右の羽黒山と左の棟峰見えてきます。

2019031822

ようやく山裾まで達すると鳥居があり、羽黒山の登り口。

2019031823

しばらくきつい登りを頑張り、山頂に着くと木祠がありました。

2019031824

ヤブの中の怪しい踏み跡を探しながら進んで棟峰。
おそらくこれが四等三角点ではないかと思うのですが、正しいかどうか微妙。
藪山なんで、別に山頂を踏んでも踏まなくても一角に達したことは間違いないので、別にいいんですけどね。

2019031825

手前の鞍部から古い踏み跡を辿ってなんとか降りることができました。
ホッとして歩いていると草のようなグリーンがきれいでしたが、これは野菜なのかな?

2019031826

羽黒駅まで歩いて戻りました。

2019031827 

時間が早かったので、久しぶりの百観音温泉。平日なので空いていてのんびり浸かれました。

 

« 富士山、佐白山へ | トップページ | 久しぶりに奥久慈男体山へ »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

グリーンベルトは、麦畑か?はたまた緑肥か?
もう少し、季節が進めば謎が解けそうな感じなのにねぇ^^;

茨城は、稲作も多いけど、麦(特に、小麦)を作ってる農家さんも意外と多いのですよ。
以前、5月に筑波へ行った時、麦秋に近い感じで綺麗でした。
リブルさんも、忘れちゃってるだけで見たことあるんじゃないのかな。


れれちゃん、こんにちは。

最初はただの雑草?とちょっと思ったのですが、
よく見たら整列して植えられているように見えたので。
麦の可能性ありですか。
知りたい気もするけど、このあたりの山はやっぱり冬枯れの季節が一番ですからねぇ。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山、佐白山へ | トップページ | 久しぶりに奥久慈男体山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ