« 棚山からの帰途の桜 | トップページ | 雪入山、浅間山 »

勝沼ぶどう郷駅の桜

予想外に早い時間に山梨市駅に降りることができたので、
帰りの電車を勝沼ぶどう郷駅で途中下車しました。
電車の中からちらりと見たことはあったけど、満開の時に下車するのは初めてでした。

2019040722

降りた瞬間、桜だらけなのが目に入りますが、ホームの右側もなかなか。

2019040723

まるで雪が積もったみたいな桜。

2019040724

たくさんの人がお花見しておりましたが、本当に素晴らしい。。。

2019040725

勝沼駅の復刻された旧ホームもたくさんの花見客。

2019040726

十分に満喫してホームに戻りましたが、ホームの椅子から見る景色も素晴らしいものでした。

列車が来る時間になったら天気が悪くなり、風が強くなりました。
反対側を向いて高尾方面の列車を待っていたら、まるで吹雪にあったように桜が舞い散り、
まさに言葉通りの桜吹雪となりました。

楽しい時間は残念ながら、あっという間に過ぎて行きますね。。。

 

« 棚山からの帰途の桜 | トップページ | 雪入山、浅間山 »

」カテゴリの記事

コメント

昨年、北杜市の「山高神代桜」を見に行った時、以外にも甲府盆地の桜が
東京と同じ時期に満開となっていることに驚きました。
甲府盆地は晴天率が高いので、気温の上昇も東京と変わらないようですね。

たまびとさん、こんにちは。

おっしゃる通り、関東がくもりでも、甲府あたりは意外に晴れたりしますね。
やはり盆地のせいか、晴れると気温が上がるので桜は比較的早いみたいですね。
それでも、今年は都心と比べるとわずかにずれていたようでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 棚山からの帰途の桜 | トップページ | 雪入山、浅間山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ