« 勝沼ぶどう郷駅の桜 | トップページ | ツツジの蕨山へ »

雪入山、浅間山

4/14は茨城へ。

2019041401

土浦駅から柿岡車庫行きのバスに乗り、上佐谷バス停で下車します。

2019041402

あたりには桜がよく咲いていました。

2019041403

林道を先に進むとヤマザクラもしっかり咲いていました。

2019041404

雪入ふれあいの里公園のあたりはわずかに旬過ぎでしたが、それでもまだしっかりと桜が咲いていました。

2019041405

ヤマザクラと桜の饗宴。

2019041406

先へ進むと山道がありました。

2019041407 

中央青年の家に向かいますが、途中で雪入山に向かう直登コースの案内に変わっていたので、適当に林道に降りました。

2019041408

林道をしばらく進むと右にいやしの里への近道があったので、そちらの山道に入りました。

2019041409

しばらく山道を進むと林道のような道に出て、右へ進むといやしの里という施設がありました。

2019041410

少し先へ行くとヤマザクラの大木を見て、そこから登山道。右は眺望コースなので、左の道を登りました。

2019041411

急な道でパラボラ山にたどり着き、先へ進むと剣ヶ峰。良い眺めでした。
天気が今ひとつになってきたのが残念。

2019041412

このあたりが最高点と思われます。雪入山の山頂付近ですが、特に山名板などはないので通過地点という感じでした。

2019041413

パラグライダー場跡を過ぎて下ると青木葉峠。

2019041414

先へ登り、分岐から左へ急な道を登ると浅間山の山頂。

2019041415

山頂付近からはヤマザクラの向こうに雪入山。

2019041416

やはりヤマザクラ越しに筑波山も見ることができました。

2019041417 

ニオイタチツボスミレをよく見かけました。やっぱり香りが良かったです。

2019041418

先へ進んでいくと緩やかな道。三ツ石森公園などへの道を分岐します。

2019041419

さらに歩いていくと左に弘法石と書かれた案内板があり、そこから左に入るとわずかで弘法石がありました。

2019041420

さらにだいぶ歩いて権現山。このあたりも桜が満開でした。

2019041421

御野立所の石碑。昭和四年、陸軍の演習の際に昭和天皇のご統監された所と案内板にありました。

2019041422

やはり民家などが眺められる場所で桜がよく咲いていました。

2019041423

少し迷いましたが、上志筑北というバス停に出ることができました。土浦駅に出て帰りました。

 

« 勝沼ぶどう郷駅の桜 | トップページ | ツツジの蕨山へ »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

茨城の山は私にとって全くの未知のエリアです。
改めて、リブルさんの行動半径の広さに感心します。

4月上旬は、以前から計画していた紀伊山地の世界遺産に登録された
参詣道の手始めに、高野山町石道(ちょういしみち)を歩いて来ました。
和歌山県九度山の慈尊院から弘法大師が開いた金剛峯寺まで
標高差800m、距離21kmを約6時間かけて歩きました。
いつもの山歩きとは、異なる良い体験ができました。
来年からは、熊野古道を歩いてみたいと考えています。

たまびとさん、こんにちは。
茨城の山は低山が主ですが、やはり秋から春にかけて、楽しい山が多いです。
コースによっては人も多いですけど、それでも素朴な雰囲気が残っていることが多いです。

自分は鈴鹿以西は未踏の山々、確かに熊野古道など歩いてみたい気がしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝沼ぶどう郷駅の桜 | トップページ | ツツジの蕨山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ