« 高水山から棒ノ折山 | トップページ | 荏原中延から石川台へ »

棚横手山、大滝山へ

4/28は勝沼へ。

2019042801

勝沼ぶどう郷駅で下車するとまるで冬場のようなきれいな天気。南アルプスも駅からばっちりでした。

2019042802

大日影トンネルはもう随分前から通行止めなので、勝沼ふっとパスの表示で歩き、大善寺。
見学は9時からかつ料金がかかるので素通り。

2019042803

深沢分校跡が取り付き。

2019042804

深沢分校尾根に取り付くとアオダモがよく咲いていました。

2019042805

飯綱神社手前のヤマザクラがすごい咲き方。

2019042806

飯綱神社はきれいな神社。火事で平成14年に再建されたもののようですね。

2019042807

それなりに登らされます。それでも尾根は分かりやすいので問題なし。

2019042808

林道に出て左へ行けば登山道に合流。

2019042810

甲州高尾山のあたりからはやはり南アルプスの広い眺めがすごいです。

2019042811

先はまだ遠そうだね。

2019042812

フデリンドウを見ます。

2019042813

しばらく登って富士見台。

2019042814

倒木などもあったりして、やはり去年の台風の影響があるのでしょうね。だいぶ登らされて久しぶりの棚横手山。

2019042815

やっぱり富士山がきれいですね。

2019042816

さらに足を伸ばして宮宕山。でも、大滝山とプレートが付いています。
登山地図を見るとやはり大滝山。最近このあたりの山は名称が変えられたのですね。

2019042817

往路を戻り、富士山の眺めを最後に大滝不動に向かいます。

2019042818

展望台に行ってみると石祠。その先からは南アルプスが眺められ、さきほどの山の上ほどではないものの、それなりに見えました。

2019042819

細い道を下って大滝不動。

2019042820

残念ながら雨が少なかったせいか、大滝は水量がほとんどありませんでした。

2019042821

道路から途中、旧道を歩いて里宮。

2019042822

ぶどうの丘に寄り道してワインを購入。駅に向かうと先日見た満開の桜はもう新緑。
ホントに時間の経つのはあっという間ですね。

 

« 高水山から棒ノ折山 | トップページ | 荏原中延から石川台へ »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高水山から棒ノ折山 | トップページ | 荏原中延から石川台へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ