« ちょいと高尾山 | トップページ | 房総の観察会へ »

笹野から臼杵山、市道山

5/11は奥多摩へ。

2019051101

2台も増発が出た数馬行きのバスに乗り、笹野で下車。

2019051102

しばらく歩いてクラミ沢左岸尾根に取り付きましたが、ちょいと反対へ進んでしまい、藪の中に道が消えてました。
戻って先へ進んだらしっかり山道が続いていました。

2019051103

先へ進むとかなり登りにくい所もありましたが、ロープなどで整備されています。
かなり使われている山道なのかな。

2019051104

なんとなく読めたのですが、最後の急登はかなりきついです。
登りきったところにはあの目につく嫌な看板のある施設。
どうやらそこへの作業道として多少なりとも整備されているのではないかと思われました。

2019051105

少し先へ進むと臼杵神社。古い石像も健在です。

2019051106

臼杵山の山頂で早めの 昼食。

2019051107

市道山へ向かうと途中には石津窪山の表示。前からあったっけ?

2019051108

市道山手前ではグループがお休み中。代わりに山頂は数人でした。

2019051109

今日は軽め山行、旧醍醐峠から藪道を下ります。
昔は嫁取り坂からここを通って檜原村の人たちが出稼ぎに行っていたと守屋龍男氏「多摩の低山」に書かれています。
谷に下るのってどうも苦手。

2019051110

下部は少し枝藪が邪魔しましたが、踏み跡を辿っていけばににく沢林道に出て終了。

2019051111

久しぶりの勝負地蔵。

2019051112

以前、どこにあるか分からなかった石仏ですが、
takigoyamaさんらが起こしてくれたおかげで今回は会えました。

関場バス停に出るとすぐにバスが来る時間でラッキーでした。

 

« ちょいと高尾山 | トップページ | 房総の観察会へ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょいと高尾山 | トップページ | 房総の観察会へ »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ