« 長沼丘陵から平山城址公園2 | トップページ | 熊鷹山から丸岩岳、野峰 »

根本山へ

ちょっとバックログ貯め過ぎですが、5/3は桐生へ。

2019050301

桐生駅からのバスを終点の梅田ふるさとセンターで下車。
以前は石鴨まで行っていたようですが、今はここ止まり。

2019050302

ひたすら車道を歩き。細くなった所に双体道祖神。
石鴨の道祖神で市指定重要文化財。

2019050303

やっとのことで登山口の入り口到着。

2019050304

さらに林道をしばらく歩いて登り、ようやくの事で中尾根の登り口。

2019050305

少しきつい登りですが、途中にはフイリフモトスミレ。
ピンク色が少し強いのが北関東の山ですね。

2019050306

まだヤマザクラがちらほら。トウゴクミツバツツジも見かけます。

2019050307

石祠のあるところを過ぎるとロープの付いたトラバース気味の岩場などもありました。
さらに登るときつい登りがしばらく続きますが、アカヤシオが咲いていました。

2019050308

とにかく尾根にはアカヤシオが多くてやはり良い山ですね。

2019050309

ようやく分岐。左に根本山神社への道が別れていました。
0.7kmと書かれていたので立ち寄ろうかと思ったら、どうやら40分くらいかかる模様。
鎖場の連続らしいですね。行かなくてよかった。

2019050310

さらに登れば根本山の山頂。ここにはアカヤシオはあまり無かったけど、

2019050311

少し先に行ったら、すごいアカヤシオだらけ。
肉眼で見るともっとすごかったのですが、写真に撮るとこんなものなんですね。

続く。

 

« 長沼丘陵から平山城址公園2 | トップページ | 熊鷹山から丸岩岳、野峰 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

5/3は根本山に登ってたんですね~
ぼくも登ってみたい山なんですが、バスで行くには遠くて考え中です。。。

ぼくはその日に備前楯山に登ってましたが、
桐生まわりで帰ったので、けっこうニアミスなのかも・・・?

あれ、桐生周りでしたか。
自分は安周りルートで、足利駅から足利市駅まで歩いちゃいました。

>ぼくも登ってみたい山なんですが、バスで行くには遠くて考え中です。。。

なに言ってんですか。自分と同じく、三倉山から養鱒公園まで歩いたくま公さんなら、楽勝ですよ。。。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長沼丘陵から平山城址公園2 | トップページ | 熊鷹山から丸岩岳、野峰 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ