« 手沢左岸尾根から大室山 | トップページ | 笹野から臼杵山、市道山 »

ちょいと高尾山

5/6は久しぶりに高尾山へ。

2019050601

GW最終日の上に天気が今ひとつだから人が少ないかと思ったけど、やっぱりそれなりには居ますね。

2019050602

ケーブルカー駅の先へ行くとシャガがよく咲いていました。

2019050603

琵琶滝は珍しく人がいませんでした。

2019050604

六号路をのんびり辿って高尾山。ヤマツツジがよく咲いていました。

2019050605

やはり雲がどんより。

2019050606

 もみじ台は植栽らしきツツジがきれいでした。

2019050607

城山に向かうとホウチャクソウがよく咲いていました。

2019050608

ナットウダイかな。地味なお花ですね。

2019050609

チゴユリは結構大きめ。

2019050610

イカリソウもありました。

2019050611

城山の自分の定点ポイントも今ひとつ。

2019050612

いつもの北東尾根を下りました。途中のニョイスミレは真っ白に近い感じ。

2019050613

ジュウニヒトエもありました。

2019050614

日影沢にはラショウモンカズラ。

日陰バス停から乗るつもりでしたが、バスが行ってしまったので、摺差まで歩き、お豆腐を買ってから帰りました。

 

« 手沢左岸尾根から大室山 | トップページ | 笹野から臼杵山、市道山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手沢左岸尾根から大室山 | トップページ | 笹野から臼杵山、市道山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ