« 笹野から臼杵山、市道山 | トップページ | 鶏鳴山へ »

房総の観察会へ

5/12は房総へ。

2019051201

バスで清和県民の森へ。路線バスとかだとここまで来るのは相当大変なんだよなぁ~。

2019051202

ぞろぞろと歩きます。

2019051203

途中には地層がむき出しの所が。これはタービダイトという海底堆積物で、海底土石流の跡らしいです。

2019051216

サワガニが歩いていて吃驚。

2019051205

新緑を楽しみながら歩いているとちょっと写真だと見にくいかもしれませんが、真ん中左にあるのがヒメコマツ。
房総ではもう70数本くらいしか無いそうで、絶滅が危惧されているようです。

2019051207

こういう風景を見ると癒やされますね。。。

2019051208

ということで、通常は施錠されていて、許可なしでは入ることができない豊英島へ入ります。

2019051209

入った所で昼食になったのですが、いきなりヒルの洗礼。去年軽井沢の山でやられたやつと違って、尺取り虫みたいな比較的小さいやつ。
今回は塩水持参でしたので、エイッとスプレーしてみたら、しっかり効いて動かなくなりました。(^^v

2019051210

お花を見ながらたっぷり歩き回りました。先端はこんな感じで、尾根歩きみたいな雰囲気でした。

ということで、この日見たお花達。

2019051211

エビちゃん。

2019051212

ウツギ。

2019051213

写真が分かりにくいと思いますが、真ん中あたりにオオバウマノスズクサ。これはお初でした。

2019051214

ニシキウツギだそうです。

2019051215

残念ながら終わりかけでしたが、キヨスミミツバツツジ。もちろん見たことなどありませんでした。

2019051217

ハンショウヅル。

2019051218

結構鈴なりでした。

2019051219

タニギキョウ。

2019051220

コケリンドウもいっぱい咲いていて、吃驚。これもお初です。

2019051221

モウセンゴケというと池塘というイメージですが、壁にあって、これまた吃驚。

2019051222

これもあんまり良い写真が撮れなかったけど、ヒメハギ。見たこと無いなぁ。。。

2019051223

コバンソウ。風にたくさん揺れていました。

2019051224

ツチアケビ。まだ咲いていませんね。

2019051225

カンアオイもありました。

実にたくさんのお花を見られた一日になりました。

今回お世話になったのは、ちば千年の森をつくる会の新緑ハイキングでした。

ご一緒させて頂いたのは、
 「green note*」のれれちゃん
 「ほろ酔いメガネ」のくま公さん
でした。どうぞそちらもご覧下さい。

おっと、ナラタケも見たのですが、写真を撮ったつもりで、撮ってなかった。ありゃりゃ。

 

« 笹野から臼杵山、市道山 | トップページ | 鶏鳴山へ »

お花」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、ヒルの洗礼を受けちゃいましたねェェ。
生贄は、私じゃあ無かったはずなのに…オカシイなぁ(笑)
そそ、ヒル小さかったですね。
しっかし、塩水スプレーの塩が目詰まりしちゃっても、
頑なに使い続けている姿は、一生忘れませんぜ~ww

今回のカルチャーショックは、
まさかの満場一致で、モウセンゴケの大群落でしたねwww
初見の花もいっぱいあったようで。。。
また機会があったら、今回みたいに面白おかしく遊びましょうネ(^_-)

れれちゃん、こんにちは。

>頑なに使い続けている姿は、一生忘れませんぜ~ww

そんなのすぐ忘れて下さい。(苦笑)

予想外にお花がたくさんあって楽しかったですね。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 笹野から臼杵山、市道山 | トップページ | 鶏鳴山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ