« 鶏鳴山へ | トップページ | 大戸岳へ »

会津の中山へ

5/25は会津へ。

2019052501

会津は遠いですね。午前中もだいぶ回った時間にようやく湯野上温泉駅に到着。

2019052502

駅から歩き出し、しばらく歩いて中山への取り付き。小さな足湯と地元の小学生が書いた案内板がありました。

2019052503

地蔵堂を見ます。

2019052504

しばらく歩くと北登山口。金塚山とも呼ばれているようですね。

2019052505

のっけからニョイスミレがお出迎え。結構大きめ。

2019052506

もしかしてこれはハルリンドウ?もしそうならばお初です。

2019052507

ホタルカズラも咲いていました。

2019052508

林道からの登山道と合流して少し登ると電波塔。あたりからは去年登った小野岳が見えて、やはりいい山ですね。

2019052509

少し進めば中山の山頂。とっても日当たりの良く眺めの良い山頂。さすがにこの日はちょっと暑かったですね。
向こうに見えているのは二岐山らしいです。

2019052510

下り始めると左側が開けて、これまた良い眺め。

2019052523

林道に降りてしばらく歩いているとセリ科のお花が大量に咲いていて、写真写りが良くないけど、実際に見るとなかなかいい感じでした。

2019052511

ということで自生地に行ってみると、ありました!これが見たかったオオタカネバラ。
6月頃と書かれていたので、咲いているかどうか不安に思っていましたが、暑さのせいか、しっかり咲いていてくれました。

2019052512

クルマバソウもあります。

2019052514

アイヅシモツケ。白さがいいですね。

2019052513

エゾノタチツボスミレも終わりかけていたようですが、間に合ったようです。

2019052515

アカフタチツボスミレだと思いますが、黒っぽくて、花まで黒っぽくなっていて、まさにワイルドな一品。

2019052517

これも見たかったキバナイカリソウ。なんとか一つだけ見つけました。

2019052516

ということで風穴。岩の合間から冷たい空気が吹き出していて、まさに天然クーラーでした。

2019052519

石柱の丘に立ち寄りました。とっても広い眺めの場所で、気持ちの良い晴れと合わせて気分の良い場所でした。

2019052518

目の前の中山がこちらから見ると威圧感がありました。

2019052520

さらに風穴。こちらは昔は野菜などを夏まで保存する貯蔵庫として利用されていたそうです。

2019052521

もう一つあり、こちらも冷風の吹出口がありました。でも、さきほど上の方で体験したものよりはさすがにあまり涼しくなかったようでした。

2019052522

この日は温泉民宿泊まり。駅まで行かなくても良かったのですが、まだ時間が早かったので駅まで歩きました。
民宿街に向かう途中、農産物直売所に立ち寄りました。
自家製アイスクリームが売られていたので、エゴマというのを買ってみたら、甘すぎず、なかなか美味しかったです。

つづく。

« 鶏鳴山へ | トップページ | 大戸岳へ »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鶏鳴山へ | トップページ | 大戸岳へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ