« やしおの湯 2019 | トップページ | 堂平山と大野峠をつなぐ »

白山神社から小石川付近の散歩

6/9は小石川付近を散歩。

2019060901

三田線の白山駅で下車して少し歩けば白山神社。なんか人が多い感じ。

2019060902

付近にはあじさいがたくさん。

2019060903

境内に入るとたくさんの人。この日はあじさい祭りが開催中だったようでバンドの演奏あり、出店ありでとても賑やかでした。


2019060904

お参りも行列ができていて、時間がかかりました。狛犬もあじさいに彩られるとちょっと雰囲気違いますね。
神社の裏手に富士山らしきものがあったけど、登るのにも行列のようなので諦めました。

2019060905

しばらく歩いて逸見坂を登り、久しぶりに小石川植物園。
以前は目の前のタバコ屋さんで入園券を買いましたが、今は自動販売機に変わっていました。って、相当前からかな。

2019060906

やっぱりヒマラヤスギは巨大ですね。

2019060907

メンデルのぶどうとか、ニュートンのりんごなどがある所が歴史を感じさせます。

2019060908

園内を散歩していたら、ヤセウツボでしょうか。嫌われ者の外来植物らしいです。

2019060909

池のあたりにはまだ刈り込まれたツツジがちょっと面白い雰囲気でした。

2019060910

少ないですが、花菖蒲も咲いていました。

2019060911

タマアジサイもよく咲いていました。

2019060912

またしばらく歩いて慈照院。辰巳家惣兵衛という人の墓があるそうです。
元々は田楽豆腐屋をやっていたそうですが、踊りで名声を博したそうな。

2019060913

少しいくと伝通院の前に石碑。以前に廃寺となった処静院の前にあったもののようです。
浪士隊(後の新選組)の結成大会がこの処静院で行われたそうな。

2019060914

伝通院は立派な山門。中は一部工事中のようでした。

2019060915

善光寺坂に向かうと途中には少しかしいだ大木が。善光寺坂のムクノキと言われ、樹高13m、目通り周囲5m、樹齢400年だそうな。
樹幹上部は戦災で被害にあったそうですが、問題なく生育しているようです。

2019060916

わずかに進むと沢蔵司稲荷。たまたま地元と思われる若い女性が一人、丁寧にお参りしていたのが印象的でした。

2019060917

広い道路に出てしばらく歩き、源覚寺。閻魔堂があり、お参りしました。
こちらは眼病に利益のあるこんにゃくえんまとして信仰を集めているそうです。

春日駅から乗るのが近いですが、まだ時間も早かったので先へ歩き、
東京ドームのあたりを歩いて水道橋駅に出ましたが、巨人戦が開催される日だったようで人が多かったです。

 

« やしおの湯 2019 | トップページ | 堂平山と大野峠をつなぐ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やしおの湯 2019 | トップページ | 堂平山と大野峠をつなぐ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ