« 面白山から南面白山 その一 | トップページ | 泉ヶ岳へ »

面白山から南面白山 その二

その一からの続きです。

2019062116

先へ進むとさすがに天気が崩れてきました。でも、雨はなさそう。
宮城側が見えますが、やはり霧。宮城と山形で随分天気が違うものですね。

2019062117

ギンリョウソウ。この写真だと縮尺が分からないですが、さすが東北サイズで超ビッグ。親指2つ分はありましたよ。

2019062118

普通サイズもこんなにまとまっているのにも吃驚。

2019062119

結構いい感じの木が多いです。歩く人は少なさそうで、踏み跡っぽいですが、問題なし。

2019062120

少し疲れてきた所で奥新川峠。お腹空いたので、ここで昼食。

2019062121

サワハコベかな?たぶんお初のお花。

2019062122

ずんずん歩いてようやく権現様峠。天気はどんよりと暗くなってきました。

2019062123

あらあら霧が。でも、このあたり巨木が多いです。

2019062124

延々と森の中を進みます。途中でクマ?みたいなものが見えたのでちょっとビビリましたが、ただの倒木でした。

2019062125

そろそろ南面白山への登りだと思うとすごいブナの森。
写真だと一部しか撮れないのですが、この光景があたりに広がる様はまさにお見事。

2019062127

それにしても南面白山への登りはきつかった。ようやくの事で明るい所に出て、その先もまだ頑張ってようやく山頂。
もちろんガスで展望はごくわずか。ほとんど楽しめない上に虫だらけですぐに退散。

2019062128

結構きつい下りをしばらく下っているとこちらもブナの森。あまり大きい木ではないけれど、やはり素晴らしい感じ。
虫に追いかけられるのがきつい所。

2019062129

だいぶ下ってもまだブナの森。南面白山はまさにブナの山ですね。

2019062130

森を出て、スキーコース跡のような所へ出ればもう終わりが近い感じ。

2019062131

でも、まだ下部にもブナがありました。スキー場は休止中といいつつ、もうすでに10年ぐらいやってないようです。でもリフトは今にも動きそうな感じで残されていました。

2019062132

スキー場の中を随分歩かされて、ようやく面白山高原駅に戻ってきました。無人の自動販売機は珍しく扉が付いていました。
やはりこのあたりは風雪などの自然の影響が大きいからでしょうか。

2019062133

駅の先には渓谷があり、遊歩道があるようでしたが、さすがに疲れたので行く気にならず、のんびりと次の列車を待ちました。

 

« 面白山から南面白山 その一 | トップページ | 泉ヶ岳へ »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

そっかぁ。スキー場が休止になって10年ですか…。
仙山線に乗ったのも、もう25年位前のことなんですが
当時、スキーの格好した親子が乗っていて、何処行くのかな?って思っていたら
面白山高原駅で降りたんです。
下車後、即スキー板を履いて歩いて行く姿を見て、軽くカルチャーショックを受けたりして(笑)

リフトを動かすのに、お金が掛かるから、
運営が厳しくなって、泣く泣くみたいな所が多いのかな。
…バス路線と似たような気が。。。

れれちゃん、こんにちは。すみません、遅くなりました。

25年も前のそれも他の人の事をよくしっかり覚えていますね。
自分は自分の山登りの事でもレポに頼るくらいです。。。

最近はスキーをする人がかなり減ったようです。
なんでもコストが上がって、厳しい世の中になっていますね。
消費税も上がって、電車賃やバス代もますます上昇。。。。。。

南面白山まで1日でまわるとは、健脚ですねぇ

面白山は人が少なくてお気に入りの山です
ブナが多くていいですよね~

くま公さん、こんにちは。

せっかく遠くの山なので、自分はできるだけガシガシ歩こうと思ってしまいます。
新幹線で行こうかと思っていましたが、東京からだと駅に着くのがどうしても遅くなっちゃいますし、どうせ夜行を使うならと。

このあたり、楽しい山ですね。
面白山も良かったですが、やはり南面白山の良さが目を引きました。
大東岳も行きたいですが、バスだと厳しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 面白山から南面白山 その一 | トップページ | 泉ヶ岳へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ