« 泉ヶ岳へ | トップページ | 片倉城跡公園から絹の道、小山内裏公園 »

北泉ヶ岳へ

泉ヶ岳からの続きです。

2019062215

先へ進むとツクバネウツギがちらり。

2019062216

鞍部で右に踏み跡が別れていたけど、どうもここは三叉路じゃないなさそうだと思いました。谷に向かう踏み跡でしょうか。
半信半疑ではあったけど、先へ少し登り返して進むとこちらが正しい三叉路でした。

2019062217

北泉ヶ岳に向かうと結構大きな木がありました。

2019062218

ランナーさんに何人か会いました。どんどん登っていくと小さな山頂が北泉ヶ岳。
今日も虫攻撃でとても山頂にはいられませんでした。

2019062219

霧の中で面白みもないので、ひたすら道を下っていきます。途中に黒鼻山と書かれた標識と踏み跡が。
自分の地図には線が書かれていないけど、行けるみたいですね。

2019062220

なんか天気が悪くなってきた感じ、飛ばして歩くと沢に出て、このあたりが水神。大きな石碑があるらしいけど、見落としてしまったようです。

2019062221

とうとう霧雨になってしまったようです。でも樹林の中なのでそのまま進みます。
バス時間をうろ覚えだったので、もしかして間に合うかもと急ぎ足。

2019062222

道路に出たら、とうとう本降りの雨。傘を出して歩きました。
結局、間違えて覚えていたせいでバスはしばらく無く、
一時は激しい雨で、泉岳自然ふれあい館で雨宿りして待ちました。
でも、しばらくしたら止んで霧も晴れたり、わずかに薄日がさしたり、よく分からない天気でした。

仙台駅に戻り、駅中のお店(専門店は混んでいて入れなかったのが残念)に入って牛タン定食を食べて、また長い各駅停車の旅で東京に戻りました。

 

« 泉ヶ岳へ | トップページ | 片倉城跡公園から絹の道、小山内裏公園 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 泉ヶ岳へ | トップページ | 片倉城跡公園から絹の道、小山内裏公園 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ