« トレーニングの御岳山から日の出山 | トップページ | 森沢橋から三頭山へ »

東京国立博物館へ

7/20は上野の東京国立博物館へ。

2019072001

すごい湿気で写真も霞んだ感じ。

この日は奈良大和四寺のみほとけという小イベントをやっていたので見に行きました。
本館での展覧会なのでそんなにすごいものではなかったですが、東京ではなかなか見られない仏像などを見ることができて良かったです。
(2019年9月後半まで開催中)

ついでに常設展示を見て、途中でトイレに入ったら、閉じ込められるというアクシデント。
トイレの入口でボタンを押すと自動扉が開くというものなんですが、押しても効かなくなってしまいました。
もう一人、自分と一緒に出られなくなった人がいて、どうしようかと二人で焦りましたが、
しばらくするとなんとか開いてくれて助かりました。

うーむ、ドラマは急にやってくるものですね。(^^;

 

« トレーニングの御岳山から日の出山 | トップページ | 森沢橋から三頭山へ »

その他情報」カテゴリの記事

コメント

私も長雨の中、6,7月は美術館、博物館巡りをしていました。
東博には、7月12日に三国志展と奈良大和四寺のみほとけと
合わせて見てきました。
三国志展は期待したほどでなく、唯一興味を持ったのは、
曹操の墓と証明された表札程度の大きさの墓碑(石)でした。

室生寺へは10年ほど前に行きましたが、奈良からとても遠かった
との印象です。
今回展示された室生寺の釈迦如来坐像は、釈迦像の中でも
美形(イケメン)でとても女性に人気がある仏様です。
私の好きな釈迦像のひとつです。

実は、山歩き以外に仏像鑑賞が趣味で、国宝彫刻を中心に、
寺を巡っています。
全国に約140件余りの国宝彫刻の内、76件を見ました。
未公開のものもあるので、公開されている仏像は、ほとんど
見ています。
その中で一番のお気に入りは、深大寺の釈迦如来像なのです。
1300年前に飛鳥の地からはるばる武蔵国まで運ばれて来た
謎の多い仏像なのです。

たまびとさん、こんにちは。

自分もそれなりに年をとったせいか、最近は歴史に興味を持っています。
三国志展はあまり興味がありませんでした。

随分国宝を見られているのですね。
自分なんかはごくわずかしか見たことがありません。

やはり古いものが存在するには、いろいろな理由があるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トレーニングの御岳山から日の出山 | トップページ | 森沢橋から三頭山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ