« 東京国立博物館へ | トップページ | 桂小場から木曽駒ヶ岳 »

森沢橋から三頭山へ

7/21は三頭山へ。

2019072101

数馬行きのバスを森沢橋で下車。

2019072102

しばらく林道を歩き、ヤブに入ってしばらく進み、ようやく山に取り付きます。
取り付きにちょっと失敗して変な所を登ったのですが、植林のものらしき踏み跡を発見。

2019072103

尾根に出れば、あまりヤブもないですが、ひたすら蒸し暑い。
だいぶ登って左に尾根が曲がると少し枝ヤブの邪魔する尾根になりました。

2019072104

最後は緩やかな感じで登っていくと踏み跡に出ました。笹尾根の登山道だと思うけど、少し不安。

2019072105

右手に進めば藤尾への分岐があり、やはり正しい笹尾根でした。

2019072106

尾根に上がってしまえば、蒸し暑さもまだ比較的まし。数馬峠では刈払いをしている人達がいました。

2019072107

ノリウツギでしょうか。よく咲いていました。

2019072108

久しぶりの槇寄山。雲が多いけれど、近くの山が少し見えました。向こうは少し日差しがあるようでした。

2019072109

随分登っていくと三頭大滝への分岐。

2019072110

この日は眺めは無かったけど、大沢山の山頂は少し木が切られたようですね。
途中まではほとんど人に会わなかったけど、このあたりでようやく人に会うようになりました。

2019072112

三頭山には石尾根の山と同様に石標が立てられていました。最近の流行りなのかな。
もちろん富士山は全く見えません。

2019072113

数馬へ下るのが普通ですが、この日はトレーニングのつもりなので奥多摩湖を目指します。
登って来る人がいたので聞いてみると、やはり浮橋は通行止めでした。
後で調べると水位は回復したのですが、施設に不具合があるので今年の8月下旬頃まで通行止めだそうな。

2019072114

なかなかいい感じのところも。

2019072115

モロクボ尾根を下ることにしますが、その前にちょっと寄り道。

2019072116

わずかに先に登るとヌカザス山。もうここに来たのは随分前だなぁ。
また機会があれば、浮橋から登りたいな。

2019072117

分岐に戻ってモロクボ尾根を下ります。のっけからロープの付いた急降下。
古い「ツネの泣坂」の表示。

2019072118

どんどん下っていきますが、まだ人に会いました。
一時を過ぎた頃、スマホで現在位置を確認しているのか、外国人に会ったのが最後。

2019072119

三頭大橋の横に降り立てば登山道終了。

2019072120

ちょっと早く降りすぎて、バスまで一時間待ち。今年は雨が多かったから、この時期でも水量が多かったようです。

2019072130

久しぶりにイチヤクソウに会えました。

 

« 東京国立博物館へ | トップページ | 桂小場から木曽駒ヶ岳 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京国立博物館へ | トップページ | 桂小場から木曽駒ヶ岳 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ