« 久しぶりの鳳凰三山 その三 | トップページ | 青木鉱泉 »

鳳凰三山付近のお花

一部はすでに紹介しましたが、他にもお花が。

2019081126

咲きまくりのタカネビランジ。まるで秘密の花園みたいに咲いていました。(^^)

2019081122

過酷な環境だと思いますけどしっかりと山頂近くに咲いていた、ウスユキソウ。

2019081125

イワインチンに出会えたのは随分久しぶりでした。

 

« 久しぶりの鳳凰三山 その三 | トップページ | 青木鉱泉 »

お花」カテゴリの記事

コメント

鳳凰三山の稜線は北アルプスとはまた違った高山植物と出会えますね。
私も昨年、花崗岩帯に咲くピンクやシロのタカネビランジを楽しみました。
初めて出会ったのは、鳳凰三山の固有種・ホウオウシャジンでした。

やはりアルプスらしい、高山植物がありますね。
鳳凰三山はもう三度目くらいですが、真夏の一番いい時は外していたので、こんなにタカネビランジが咲いているとは思いもよりませんでした。
ホウオウシャジン、どちらかというとちょうど今頃がいい時のお花ですね。
随分前に見たような気がしますが、もう忘却の彼方です。。。

燕頭山まで、単調な登りのせいか?長く感じるんですよね。
登ったのが9月だったので、キノコ祭りな山でしたw

タカネビランジやホウオウシャジンは、季節外れなので葉っぱだけは見ましたが
オオビランジだけは、ギリで見れたんですよ。
タカネビランジよりも花が大型で、濃いピンクで派手なんだけど…見なかったですか??

れれちゃん、こんにちは。
ずっと樹林の中で眺めがほとんどないので確かに長く感じますね。
きつい登りなのが、またなかなか進みませんし。

残念ながら、オオビランジは見なかったと思います。
気がついていなかっただけかもしれませんが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの鳳凰三山 その三 | トップページ | 青木鉱泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ