« 青木鉱泉 | トップページ | 北蔵王縦走へ »

武石峰、思い出の丘へ

8/17は美ヶ原へ。

2019081701

18きっぷを使って松本駅へ。最近は短い運行期間になってしまったけれどこの日は運転されていた、美ヶ原高原美術館行きに乗り、山本小屋バス停で下車。

2019081702

山本小屋に向かうとのっけからたくさんのハクサンフウロが迎えてくれます。

2019081703

タテヤマウツボグサでしょうか。

2019081704

小屋から先へ行くと広い風景。下は酷暑でしたが、風が涼しく、やはり高原はいいなぁと思います。

2019081705

久しぶりの美しの塔。たくさんの人でした。

2019081707

やっぱりハクサンフウロが雑草のようにたくさん咲いています。
最近は高山でハクサンフウロに会えなくなっているのは、やはりシカなどの食害が多いようです。

2019081706

牛さんがたくさん。右手の牛は塩なめ中みたいです。

2019081708

マツムシソウもちらほらと咲いていました。

2019081709

王ヶ頭に登ります。振り返ると素晴らしい風景。心休まりますね。遠くに見えるのは浅間山でしょう。

2019081710

ホテルに立ち寄ってから先へ。中央右に見えるのが美ヶ原自然保護センター、中央左奥が武石峰です。

2019081711

遊歩道をしばらく下っていくと道路に出て、さらに下ると美ヶ原自然保護センター。

2019081712

さて、先に進みます。自分の登山地図だと点線コースになっていたので心配していましたが、しっかりした道です。
今はどうやら美ヶ原ロングトレイルというコースになっているようです。

2019081713

少し美ヶ原から下がったので武石峰への登りはきつかったです。三角点と石仏のある山頂。

2019081714

山頂の先には上田方面の眺め。以前に登った山々も見えていたのでしょうね。

2019081715

大きく下って登って思い出の丘。もうだいぶ霞んでいましたが、眼下に松本方面の眺めを楽しむことができました。

2019081716

駐車場までは降りなかったですが、少し先までいくとヤナギラン自生地にはシカ避けのフェンスが。
残念ながらヤナギランは先日の台風で倒れていました。

2019081717

さて、時間がなければ駐車場に降りてバスに乗ることもできますが、時間があるので自然保護センターまで戻ることにしました。

2019081718

ウスユキソウはさすがに時間が経った感じ。

2019081719

カワラナデシコがいい感じでした。

2019081720

オニユリでしょうか。

2019081721

ということで自然保護センターまで戻りました。入ってみるとやはり美ヶ原もシカの食害があったそうな。
最近は少しシカが減ったらしいです。
外に出て売店で高原牛乳を頼んだら、やはり濃厚な味でした。

ここから美ヶ原高原直行バスに乗ります。
帰りのバスが遅い時間にあり、運行期間もなかなか長いのが便利。
ただ、行きのバスは東京からでは乗れず、前泊でないと無理みたいです。

松本駅に出て帰りました。

 

« 青木鉱泉 | トップページ | 北蔵王縦走へ »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

登山の合間に、高原歩きもいいですね。
展望が素晴らしい、美ヶ原もいつか歩いてみたいと思っています。
先週、以前リブルさんが歩いていた霧ヶ峰の車山肩から、
山彦尾根、ゼブラ山を経由して八島湿原を巡ってきました。

美ヶ原、車利用なら簡単に行けますが、
バス利用だとなかなか行くのが難しくなっています。
直行バスができたので久しぶりに行けましたが、アルピコのバスだけだと滞在時間が短すぎて、山中の泊まりでないと難しいですね。
とは言え、宿泊施設は少なく、なかなか単独では敷居が高そうですが。
でも、行ってみるとお花も多く、楽しい高原です。

霧ヶ峰、後一回くらい18切符が残っていたら出かけていたかもしれません。
八島湿原のあたりはお花が多くて楽しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青木鉱泉 | トップページ | 北蔵王縦走へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ