« 北蔵王縦走へ その二 | トップページ | 山形市総合福祉センター かすみが温泉 »

北蔵王縦走へ その三

続きです。

2019082521

天気が良くなってきたので、笹谷峠から先に進み、神室岳(仙台神室)を目指します。
だいぶ登って振り返るともう蔵王山が遠いですね。

2019082522

先に見えてきたのは、トンガリ山、山形神室、一番右が神室岳。

2019082523

ハマグリ山に到着。はまぐりらしい貝の模型みたいなのが置かれていました。

2019082524

トンガリ山の登りはやっぱりきついです。そろそろ足が重たくなってきました。

2019082525

トンガリ山まで来るとだいぶ仙台神室が近くなりましたが、なんかまた変な雲が近づいてきました。

2019082526

ひたすら頑張って登ると仙台神室に到着。何人か休んでいました。

2019082527

わずかに山形方面の町並みが見えました。

2019082528

分岐から神室岳に向かうと急降下。その上歩きにくい道。鞍部に着くと後ろから沢コースを登ってきたと思われる人たちが合流。
登り返しも急登でえらくきついです。登っているとなんとまた雨が降り出しました。
手前で雨具を着けて、山頂にいたのはわずか数十秒で引き返しました。

2019082529

往路を戻ります。また晴れてきました。それにしても天気がころころと激変する山域ですね。

2019082530

無事に駐車場に戻ってきました。またまた黒い雲が...。

2019082531

最初は登山道が分からず、少し道を大回りして下り、ようやく関沢への道に入りました。
あまり歩かれていない感じの道が続き、沢沿いのあたりは踏み跡に近い感じの所もありました。
またしても途中で雨が降り出しましたが、傘を差して下りました。

なんとか下って関沢バス停。残念ながら日曜日は運休なので、タクシーを呼んで山形駅まで出ました。

 

« 北蔵王縦走へ その二 | トップページ | 山形市総合福祉センター かすみが温泉 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北蔵王縦走へ その二 | トップページ | 山形市総合福祉センター かすみが温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ