« 北蔵王縦走へ | トップページ | 北蔵王縦走へ その三 »

北蔵王縦走へ その二

続きです。

2019082501

早朝起きると、まだ少し風が残っています。しかし、思ったよりもあまり思わしくない感じの天気。
蔵王山にも雲が少しかかっていました。

2019082502

再びヤブ道を進みます。途中にはウツボグサ。ミヤマウツボグサかな?

2019082503

道標があったけど、壊れてました。左は蔵王湖へ向かう踏み跡のようなので、右の道を取りますが、やっぱりヤブ道。

2019082504

南雁戸山に向かって登っていきます。途中にはウメバチソウ。

2019082505

ひたすら登りますが、ヤブっぽい上に足元が滑りやすい所が多々あるので、登りにくいです。
山頂手前でしっかり雨に降られ、仕方なく山頂で雨具を着ました。もちろん真っ白で何も見えません。

2019082506

ガスの中で眺めがなく、すごい下りでこの道で良いのかと迷いましたが、他になさそうなのでそれを下ります。
イワインチンを見かけたので、これだけはと雨降る中、写真を撮りました。

2019082507

登り返しも辛い登り。やはり足元が滑り、厳しい登りでした。ようやくの事で道標を見て右に笹雁新道を分けるとすぐ先が山頂でした。

2019082508

少し雨が小止みになり、わずかに霧が晴れて近くの山々が少し見えました。

2019082509

山頂からはロープのある急な下りが続きます。だいぶ下った所で振り返るとシルエットだけ見えました。

2019082510

ミヤマシャジンでしょうか。

2019082511

だいぶ下っていくと雨も上がったようです。でもすっかりびしょ濡れ。左に滑川コースを分岐。

2019082512

先もやっぱりヤブ道。トラバース気味のヤブ道が続いて歩きにくい道でした。

2019082513

関沢への分岐も過ぎ、笹谷峠に向かうとヤマジノホトトギスを見かけました。

2019082514

あれあれ、笹谷峠が近くなると青空が。ほんとに変わりやすい天気ですねぇ。

2019082515

カワラナデシコが咲いていました。

2019082516

山工高小屋。こじんまりした小屋ですが良さそうな小屋。前もって連絡すれば泊まれるみたいです。

2019082517

雁戸山に向かう人たちに何人か会いました。やっとのことで笹谷峠に到着。

続く。

 

 

« 北蔵王縦走へ | トップページ | 北蔵王縦走へ その三 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北蔵王縦走へ | トップページ | 北蔵王縦走へ その三 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ