« 武石峰、思い出の丘へ | トップページ | 北蔵王縦走へ その二 »

北蔵王縦走へ

8/24は蔵王へ。

2019082401

新幹線を白石蔵王駅で下車。さすがに都会に比べると少し気温が違う感じ。駅前から刈田岳行きのバスに乗ります。

2019082402

刈田岳頂上に着くとものすごい強風。まずはレストハウスに逃げ込んで昼食。長袖シャツの上から雨具の上まで着て完全防備で出発。
よろける風を受けながらまずはお釜を見ます。やはりエメラルドグリーンがいい感じですね。

2019082403

とりあえず刈田岳に立ち寄り。神社と石碑がありました。

2019082404

戻って先へ進みます。熊野岳に向かいますが、やはり強風がひどかったです。その上ガスってきました。
道なのかよく分からない斜面を登ると避難小屋。

2019082405

ガスの中をしばらく歩くと熊野岳。ここにも神社があります。わずかに雲が切れて下の町並みなどがちらりと見えました。

2019082406

避難小屋に戻る途中、右手が開けて歩いてきた道が見えましたが、もう刈田岳が随分遠く感じます。

2019082407

避難小屋から名号峰を目指します。

2019082408

しばらくの間は天気が悪かったですが、だんだん良くなってきたようです。大きな石のある道はかなり下りにくい感じでした。
標高を下げたせいか、天気のせいか、風も収まり、少しずつ暑くなってきました。

2019082409

石の道が終わると今度はヤブっぽい道が続くようになります。ちらりと先に見えたのは雁戸山でしょう。

2019082410

途中にはアキノキリンソウやオヤマリンドウがよくありました。開いているのはこれ一つだけでした。

2019082411

ヒヨドリバナにクジャクチョウ。なかなか逃げてくれないので、ゆっくりと撮影できました。

2019082412

歩きにくい道を辿っていくとようやく追分。日差しが暑いです。

2019082413

さらにヤブっぽい道をひたすら歩いて登って名号峰。峩々温泉の方から登ってきたというご夫婦が休憩中。
しばらくお話をしました。

2019082414

雁戸山がだいぶ近づきましたね。

2019082415

振り返るともう蔵王山が随分遠い感じでした。

2019082416

その先はひたすらヤブ道。小さなギャップを越えたり、大きな下りがあったり、現在地もよく分からず、なかなか大変でした。
やっとのことで八方平避難小屋に到着。そんなにすごい歩きではないはずでしたが、意外に疲れました。

2019082417

小屋には南面白山から来たという人がもう休んでいました。南面白山から来て15時前にここに着いているとは、超人な人だなぁ。
この日、きれいな小屋に宿泊したのはその人と二人だけでした。水場がないのが痛い所。
目の前からは蔵王山がちょっと見えました。明日はどうなることでしょうか。

続く。

 

« 武石峰、思い出の丘へ | トップページ | 北蔵王縦走へ その二 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

白石蔵王なんて、懐かしい。
蔵王エコーラインの途中にある、えぼしスキー場&すみかわスキー場は行ったことありますョ。
東北道も、あの辺りはいつも穏やかなので、
風が強いのは、上の方だけかもしれませんね。

実は、山形蔵王スキー場にも行った時がありましてww
大仏さまは見ましたが、お釜はパスしました^^;
ココは風が強くて、ロ―プウェイがよく停まるで有名らしいですよー。
(突然止まるなんてこともあるから、乗るまでわからないって当時聞いた話です)

風が強いのは、冬期限定かと思ってたんだけど、
元々、風の通り道?なのかな。。。

れれちゃん、こんにちは。

自分は蔵王スキー場は学生の頃に夜行のスキーバスで行ったことがありますが、
夏山は初めてでした。ということでお釜を見るのも初めて。
下はごく普通の暑さでしたが、やはり上は強風、でも、しばらく下ると強風も比較的おさまっていましたから、やはりお釜のある山頂近辺だけなのでしょう。

スキーに行った時も夕方になると強風が吹いて、雪がピシピシと飛んできて痛かった記憶が。
その上にどんどん凍ってガリガリガリガリとあっという間にコースはアイスバーン状態に。あまりの寒さに身も凍りつきそうでした。
おそらく少しでも天気が悪いと一年中、強風は吹くのでしょうね。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武石峰、思い出の丘へ | トップページ | 北蔵王縦走へ その二 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ