« 真夏の高尾山 | トップページ | 久しぶりの鳳凰三山 その二 »

久しぶりの鳳凰三山

8/10は鳳凰三山へ。

2019081001

韮崎駅からのバスを御座石温泉で下車。
バスを降りると宿の人に声を掛けられ、登山届を出すように言われます。
昔はいろいろ噂のあった宿ですけど、応対してくれた方は、なかなか親切な人で、話好きな感じでした。

2019081002

のっけからさすがにきつい登りが続きます。この道はかなりの急登が続くので、それなりに鍛えている人でないと厳しいです。
その上、今年の暑さ、テント泊の荷物が堪えます。

2019081003

だいぶ登って軽く下ると谷状の地形。精進ケ滝方面の分岐のようです。

2019081002

ひたすら登り道。途中には崩壊地らしき所はすっかり修復されているものの、崖になっています。

2019081004

シモツケソウがちらほら咲いていました。

2019081005

なおもひたすら登ってようやく旭岳。石祠と石碑がありました。
あたりの木にはサルオガセがかかっていて、やはり南アルプスらしい感じ。

2019081006

樹林の中に入って再びきつい登り。ひたすら登ってようやく燕頭山。

2019081007

あたりの笹原はとても雰囲気がよい場所。しばらく休憩しました。

2019081008

先へ進むと右手にちらりと山が見えますが、渓谷には残雪が。

2019081009

だいぶ登って少し雰囲気が変わってきました。

2019081010

途中には天気が良ければ北アルプスが見えると書かれた場所が。ガスガスで何も見えないのが残念でした。

2019081011

トラバース気味の登り道になりますが、これがまた長いこと。
足元が細く、歩きにくい上、きつい登りの所もあり、なかなか時間のかかる道。

2019081012

尾根から左に降りるようになるともう小屋が近くなりました。

2019081013

しばらく歩けば久しぶりの鳳凰小屋に到着。早い到着を狙ったのでテン場はもちろん余裕で確保。
夕方には一杯になったので、テントをずらしてもう一つ張れるようにしてあげたら、すかさず隣に張る人がきました。

2019081014

小屋の付近にはたくさんのお花。コオニユリ。

2019081015

タカネグンナイフウロでしょうか。

2019081016

オトギリソウは久しぶり。

2019081017

ミヤマコゴメグサかな?

2019081018

やっぱりこれでしょう。タカネビランジ。でも、これはちょっと旬を過ぎていますね。

続く。

 

« 真夏の高尾山 | トップページ | 久しぶりの鳳凰三山 その二 »

登山(南アルプス)」カテゴリの記事

コメント

昨年、40年ぶりに鳳凰三山へ行ったのがちょうど同じ頃、
青木鉱泉から登りましたが、その日の気温は甲府で35度
涼しさを求めたはずの沢沿いの登りはむしろ蒸し暑く
全身汗でずぶぬれとなりました。
続きを楽しみにしています。

こんにちは。
青木鉱泉からは、もう随分前に登りました。
そちらの方がやはりメインルートで、こちらはよりきついルートです。
でも、ドンドコ沢のルートもそれなりに登らされますね。

自分が歩いたこの日も甲府の最高気温36℃だったようです。
下部はものすごく蒸し暑かったですけど、時間が早かったせいか、まだ救いがありました。

やはり鳳凰小屋の付近は涼しくて朝は寒いくらいでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夏の高尾山 | トップページ | 久しぶりの鳳凰三山 その二 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ