« 山形市総合福祉センター かすみが温泉 | トップページ | 烏尾山から塔ノ岳へ »

レンゲショウマを見に行く御岳山

9/1は御岳山へ。

2019090101

武蔵五日市駅からのバスを上養沢へ。小型バスの二台運行でしたが、さすがに終点まで乗った人はごくわずか。

2019090102

先へ歩くと石仏や石碑が並んでいました。

2019090103

シュウカイドウもちらり。

2019090104

御岳山参道供養塔とあります。

2019090105

さらに道路を歩くと日の出山への分岐。ここから山道です。

2019090106

急な登りで養沢鍾乳洞跡。今は閉鎖されています。置かれている木のブロックは小屋の跡なのでしょうね。

2019090107

岩場に出ると石段が。結構急です。

2019090108

さらに登っていくと見覚えのある場所に出ました。ここに出るのか~。

2019090109

ヤマジノホトトギスは終わりかけ?

2019090110

ということでどんより天気の日の出山到着。この日は人が少なめでした。

2019090111

いつもの道の逆コースで御岳山へ。さすがにたくさんの人に会いましたが、それでも少なめな感じでした。

2019090112

ロックガーデンに向かいますが、まずは七代の滝。水量はまずまず。

2019090113

まだ天狗岩は登ったことがないので、登ってみました。岩場に設置された天狗像がすごい所にありますね。
でも、しっかりフェンスがあるので、危険な岩場には近寄れませんよ。

2019090114

渓谷沿いにはフシグロセンノウが。他のお花はあまり見かけませんでした。

2019090115

綾広の滝も水量は少なめだったかな。このぐらいが通常なのかもしれませんが。

2019090116

しばらくあるいてレンゲショウマ自生地へ。今年はだいぶ少なめでした。

2019090117

ソバナも少ないけど見かけました。

2019090118

それでも場所によってはそれなりに咲いていましたね。

2019090119

いつものように表参道の車道を下ります。ちょっと飛ばしすぎて次の日、筋肉痛になってしまいました。(^^;

御獄駅まで歩きました。

 

« 山形市総合福祉センター かすみが温泉 | トップページ | 烏尾山から塔ノ岳へ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山形市総合福祉センター かすみが温泉 | トップページ | 烏尾山から塔ノ岳へ »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ