« レンゲショウマを見に行く御岳山 | トップページ | バス利用で船形山 »

烏尾山から塔ノ岳へ

9/7は丹沢へ。

2019090701

まだ完全に夏だけれど、久しぶりに表丹沢。小田急線に乗っていたら、なんか途中でお客様救護に当たってしまい、渋沢駅到着が遅れ。
朝一のバスに乗り遅れたけど、次のバスは15分後くらいだから、助かりました。

2019090702

途中にある竜神の泉、冷たい水で顔を洗おうと思っていたら、涸れてました。。。

2019090703

蒸し暑い中、ひたすら林道を歩いて取り付きの新茅山荘にようやく到着。今日はホントに蒸し暑くなりそう。

2019090704

入り口には、ちゃんと道標がありました。

2019090705

結構きつい登りをがんばります。途中に一本桜と書かれた道標が。近くにある木がそうでしょうか。

2019090706

さらにひたすらきつい道を登っていくと目の前に山が見えた所で石仏が。きちんと布が巻かれています。
地元の人に愛される石仏のようですね。

2019090708

さらにきつい登り、右後ろを振り返ると渋沢の町並みがよく見えました。

2019090709

さらに登ってようやく樹林から抜けると、おお、ちょっと雲が邪魔してますが、富士山が!

2019090710

ようやく烏尾山荘前に飛び出ました。

2019090711

海の眺めが良い感じですね。

2019090712

まだ塔ノ岳は遠いなぁ。

2019090713

さすがにこの時期、少しヤブっぽい感じの所もあります。ゲンノショウコがきれい。

2019090715

行者ヶ岳のあたりは鎖が付いた所が何箇所か。たいしたことはないですけど、少し注意。

2019090716

ホトトギスがこんな上の方にあるのは吃驚。

2019090717

やっぱり丹沢と言えばフジアザミでしょう。

2019090719

ひたすら頑張って登ります。夏山らしい感じ。

2019090720

やっとのことで塔ノ岳到着。いったい何年ぶりの山頂でしょうか。それにしてもこんな蒸し暑いのに人が多いなぁ。(^^;

2019090721

往路を戻ります。やはり海の眺めが丹沢らしいですね。

2019090722

まだまだ登ってくるたくさんの人に会いながら下ります。三ノ塔って結構大きいですね。

2019090723

誰かがハコネギク!と声を上げていたので、自分も撮りました。登山道の板の間に咲いてました。

2019090724

政次郎尾根を下ります。

2019090725

結構きつい下りが続きます。なんか最近こんな尾根ばっかりだな。

2019090726

ひいこら言いながら下ってようやく林道に降りられたものの、
ザックに入れておいた間にレンズキャップが変な風に変形してしまい、無理やり取ろうとしたらバキッという音とともにフィルターが粉々に割れてしまいました。ああ、新しいフィルター代が...。(泣)

2019090727

林道に出たあたりで乗っていきますかと車の方が声を掛けてくれましたが、時間も早かったのでお礼を言って歩くことに。
でも、やっぱり長い林道歩きでした。風の吊橋を渡れば、朝降りた大倉バス停はすぐそこでした。

 

« レンゲショウマを見に行く御岳山 | トップページ | バス利用で船形山 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レンゲショウマを見に行く御岳山 | トップページ | バス利用で船形山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ