« 仙台湯処 サンピアの湯 | トップページ | 久須美坂から大高山 »

万座温泉

前後してしまいますが、8月下旬にふらりと万座温泉へ。

201908xx01

今回の宿泊は万座高原ホテル。初めて泊まりました。
以前は草津温泉からバスで行けましたが、現在は白根火山付近の立ち入りが制限されているために、
自家用車(屋根付き)のみの通行になっていて、バスは通っていません。
万座・鹿沢口駅からのバスも一日三本という少ないダイヤになっていました。

万座プリンスホテルと同じ系列のため、万座プリンスのお風呂も利用可能でした。
せっかくなので最初に万座プリンスに行って、こまくさの湯へ。
着いた日はあまり天気が良くなかったのですが、それでも露天風呂は高い所にあるので良い感じでした。

宿に戻り、しばらく休んでからお風呂へ。

やはり石庭露天風呂が、とっても広くて良かったです。特に夜はここに泊まっている人だけになるので、
少し暗い感じの中でのんびりと入浴して、心から温まりました。

残念ながらここ独自の竜泉の湯のお湯は配管の都合で停止されていました。
でも、他にもいろいろな種類のお湯が使われているので、特に不都合はありませんでしたが。
自分はやっぱり万座温泉のシンプルな硫黄の濃いお湯が一番気に入りました。

201908xx02

久しぶりに湯畑へ。残念ながら硫化水素ガスのために、近くの立ち入りは制限されています。

201908xx03

戻る道すがら、青空の下の温泉を眺めます。山歩きたかったなぁ。

201908xx04

バス停の奥に行くと噴気を上げている所を見ることができます。もちろんここも近くへは行けません。

201908xx05

すっかり硫黄の匂いが体に染み付いて、青空の万座・鹿沢口駅からのんびり帰りました。

 

« 仙台湯処 サンピアの湯 | トップページ | 久須美坂から大高山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

温泉へふらりと出かけるところがリブルさんらしくていいですね。
万座温泉、いつか行ってみたい温泉の一つです。
よく雪景色の露天風呂の写真を見ますね。
そろそろ紅葉のシーズン、ひんやりとした空気の中で
温泉に浸かると、日本に生まれて良かったと思います。
この秋、どこか静かな温泉へ行きたいと考えています。

万座温泉はいい温泉ですよ。
宿泊も何度か、立ち寄りも含めたら10回以上訪れているのではないでしょうか。

書いたように以前は草津温泉で泊まってから、次の日にこちらで日帰り湯に入って帰る、というプランも随分やりました。白根火山のコマクサも楽しみの一つでしたし。
あんな噴火が無ければと思いますが、自然が相手なので仕方がないことなのでしょうね。

まだまだ紅葉を見に山に行きたいですけど、本当に台風が心配ですね。影響が少ないことをお祈りしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仙台湯処 サンピアの湯 | トップページ | 久須美坂から大高山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ