« 関東近辺の山への交通状況を調べてみると | トップページ | 鶴巻温泉 弘法の湯 »

蓑毛越から源実朝首塚

台風で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

これは台風前の10/6のお話、丹沢へ。

2019100601

もう新しくなって数年経つけど、新しくなってから初めてケーブルカーに乗りました。

2019100602

少し歩けばすぐに下社。まずはお参り。大山の上の方には雲がかかっていました。

2019100604

蓑毛越へ向かいます。かごや道が分岐。今度登ってみようかな。

2019100605

途中は石積みもあり、雰囲気の良い山道。

2019100606

長いトラバース道を歩いていくと久しぶりの蓑毛越。

2019100607

少し先に浅間山。アンテナ施設があるので回り込んで登ると三角点がありました。

2019100608

久しぶりに南尾根をしばらく歩きます。大きな鉄塔の横を通過。

2019100609

林道を渡り、少し先に進むと不動明王像。

2019100610

すぐ先に分岐があり、ここから才戸入口に向かいます。

2019100611

ヤブ道を覚悟して小枝を持って道に入るとやはり蜘蛛の巣が。しかし、ゴルフ場の横はヤブだらけの上にさらに大きな女郎蜘蛛の巣がたくさん。途中には道標もあったけど、やはりこんな道をこの時期に通るのは好事家だけですね。

2019100612

そろそろ終わりそうな雰囲気になると大山道の道標がしっかりとしたコンクリートで覆われていました。横に当時の新聞の切り抜きが拡大コピーされていて、それによると地元の方が個人で作られたそうな。

2019100613

久保橋に出れば集落の道になります。途中、東名高速の工事のために通行止表示があってビビりましたが、この日は工事はしておらず通行できますの表示がありましたので、問題なかったです。

2019100614

中丸橋のバス停の手前を右に曲がって波多野城址へ。

2019100615

草の生えた土手を進んで石段を登ると波多野城址に着きましたが、あたりは畑。個人の所有なのでしょうね。
左の木は枝が切られていて、そのせいかどうか、枯れていたように見えました。
石碑だけが当時を忍ばせる雰囲気でした。

2019100621

道路に出て、源実朝の首塚に向かいました。公園の中にありますが、たくさん車が入っていくのでそんなに人が来る場所なのかと思ったら、どうやらこの日は公園で畜産関係者だけのお祭りをやっていたようで、テントが張られて牛などがたくさんいました。
やはり首塚はその手前のひっそりとした場所でした。


2019100617

ひたすら道路を歩いて、名古木を左折、弘法山入口バス停を見て、ひたすら車道を登ると弘法山の公園の駐車場。
しばらく登ってようやく弘法山公園。

2019100618

さらに石段をしばらく登らされて弘法山の山頂。井戸は今もしっかりと水が出ていました。

2019100619

のんびりと吾妻山へ。季節風なのか、風が強くなってちょっと足早に鶴巻温泉駅へ下山しました。

2019100631

この日はツリガネニンジンが咲いていました。

 

« 関東近辺の山への交通状況を調べてみると | トップページ | 鶴巻温泉 弘法の湯 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東近辺の山への交通状況を調べてみると | トップページ | 鶴巻温泉 弘法の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ