« バス利用で船形山 | トップページ | 仙台湯処 サンピアの湯 »

バス利用で船形山 その二

続きです。

2019091501

早朝に目覚めて窓から外を見るとガスがないばかりか、なんと朝焼けが!

2019091502

外に出て誰もいない山頂に経つと黎明の山々が素晴らしい感じ。向こうに見えるのは蔵王連峰でしょう。

2019091503

少し散歩がてらご来光岩の方へ歩いてみると、先にあるのは薬師森かな。
少しヤブっぽいので足元が濡れないうちに戻りました。

2019091504

おそらくもう一度来るような機会はたぶんないでしょう。名残惜しいですが、山頂を後にしましょう。

2019091505

山頂直下には神社があると書かれていましたが、これかな。屋根の下には鈴が見えました。

2019091506

往路を戻り、千畳敷から再び右に折れて蛇ヶ岳へ。雲が少し多いかな。

2019091507

またヤブっぽい道を下って分岐から後白髪山に向かいます。最初こそ良い道に見えましたが、やはり先へ進むとそれなりの道。それでも切り開きがあり、迷うことはなさそうです。

2019091508

途中はだいぶ歩きにくいトラバースなどもありましたが、ひたすら登っていきます。
後白髪山の手前で振り返ると船形山がよく見えましたが、なんと避難小屋が小さいことか。この写真だと小さくてあまり見えないけど、肉眼でもしっかり見えましたよ。

2019091509

ということで後白髪山に到着。広い眺めの山で良い感じ。少し山頂で憩っているとなんと下から登ってきた人がいて吃驚。まだ7時30分なんですけど。

2019091510

シルエットみたいになっちゃいましたが、見えているのは泉ヶ岳と北泉ヶ岳でしょう。

2019091511

蔵王連峰も少しだけ近づいたかな?

2019091512

下っていく道もやはり草の多い道。やっぱりオヤマリンドウだらけの所が。ぬかるみの多い道でちょっと閉口。

2019091513

横川コースを分岐します。でも、林道は車は入れない状態だから、歩く人は少なそう。

2019091514

樹林の中に入るとぬかるみ道が終わってホッとします。さきほど登ってきた人がすごい勢いで下っていきました。何かのトレーニングなのかな。

2019091516

樹林の中の道をひたすら下ります。上空沢は水は流れておらず、さらにしばらくトラバースのような道を長く歩いてようやく下空沢。
これも水の流れはチョロチョロでとても飲めるような水ではありませんでした。

2019091517

ヤブっぽい所も通りつつ、ひたすら道を辿って下っていきます。だいぶ下ると水茶屋と書かれた広場が。昔は小屋でもあったのかな。

2019091518

さらにひたすら下っていくとようやく4K地点の表示。ここで水の残りはまだ2.5L。別にそれほど我慢した覚えはないけど、十分足りましたね。

2019091519

林道を渡った先は細いけどブナの林。案内板があり、昭和の初め頃に皆伐した二次林だそうな。森は60年と書かれていたけど、その案内板も昭和の終わり頃のもので、随分古いものでした。

2019091520

さらにひたすら下ると作業道のような林道のような道に出るけど、この先のヤブが日当たりが良いために結構酷かった。。。

2019091521

それもなんとかこなして下っていくとようやく定義林道に出れば、登山道終了!

2019091522

しばらく下っていくと定義林道の開始地点に鎖が張られていました。地図版を見るとなんと通行禁止の表示が。
たぶん車に対するものなのでしょうね。自分は知らなかったので通行したけど、徒歩ならば特に問題があるように思えませんでした。
そういえば途中で一台、地元らしき軽自動車が通っていったぞ。。。

2019091523

林道を歩いていくとしばらく下って橋を渡り、そこから登り返しが何気にきつかったです。だいぶ歩いてようやく定義に着くと大きなお寺。
西方寺とあり、定義如来と言われているお寺だそうです。無事に歩けたことをお祈り。

2019091526

定義からは仙台駅行きのバスが出ています。予定よりもかなり早く着いたので、しばらく待ち。
せっかくなので、貞能堂で再びお参りし、帰りは途中のお店で玉こんにゃくを一本。それから豆腐店に入りますが、何を頼むのか分からず、とりあえず置かれていた豆腐田楽を二本。後から他の人が頼んでいる三角あぶらあげを食べたら、とっても美味しかったです。

2019091524

お腹も落ち着いた所でバス停でバスを待ちますが、よく見ると後白髪山が見えていました。
お天気もよく、記憶に残る山旅ができたようでした。(^^)

 

|

« バス利用で船形山 | トップページ | 仙台湯処 サンピアの湯 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バス利用で船形山 | トップページ | 仙台湯処 サンピアの湯 »