« 浅間尾根へ | トップページ | 蓑毛越から源実朝首塚 »

関東近辺の山への交通状況を調べてみると

今回の台風は本当に巨大な台風。雨による被害状況が大きいので、まとめてみました。

関東近辺の山へ行く公共交通機関の影響覚え書き 2019/11/6現在 ニュースやホームページなどから
(個人で調べたものなので、出かける場合は当然ながら各会社などのニュースをチェックの事。)

☆長期停止と思われる路線
・両毛線 岩舟-栃木駅間 橋梁流出
・水郡線 袋田-常陸大子間 橋梁流出
・吾妻線 長野原草津口~大前駅間 土砂流入
・東武日光線 静和-新大平下間 線路流出 →復旧済
・東武日光線 北鹿沼-板荷間 築堤崩壊 →復旧済
・箱根登山鉄道 複数箇所で土砂崩れおよび線路崩壊(復旧に1年程度見込まれるらしい)
・東武佐野線 橋梁の安全確認等 →復旧済

☆運転見合わせ
・中央本線 大月-高尾間(梁川-四方津間土砂流入、高尾-相模湖間) →復旧済
 18日から運行。高尾-相模湖は21日から一時間に一本程度運行。(相模湖→高尾は最終21:45、接続する甲府駅発は20:07)
 →28日より通常運行

・両毛線 岩船-栃木駅間
・水郡線 西金-常陸大子間 常陸大宮-郡山駅間は11月1日復旧。
・小海線 小海-野辺山駅間 →復旧済
・久留里線 →復旧済
・東武日光線 新鹿沼-下今市間、栗橋-栃木間 →復旧済
・小田急線秦野-新松田間 →復旧済
・秩父鉄道 影森-三峰口間
→復旧済
・小湊鉄道 養老渓谷-上総中野間 →復旧済
・八高線 寄居-北藤岡間

☆その他影響のある路線
・北陸新幹線 車両基地浸水 →浸水8編成は廃車予定とのこと

☆バス

・西東京バス
 奥多摩-東日原 道路崩落
 武蔵五日市-つるつる温泉 道路崩落のため岩井止まり →11/6より通常運行(ただしつるつる温泉は8日まで休業)
 武蔵五日市-数馬 →19日より運転再開
 高尾駅-陣馬高原下 大久保止まり(臨時運転を再開したが、小型ワゴンかつ住民優先)

・京王バス
 高尾駅-小仏 土砂災害のため運休中(臨時ダイヤで再開だが、登山等観光目的では利用を控えるようにとのこと。) →28日より通常運転

・神奈中バス 通行止めなどによる運休中のもの
 三ケ木-月夜野(28日から三ケ木-青野原診療所は運行開始)

・富士急湘南バス
 箒沢公園橋-西丹沢ビジターセンター 箒沢上止まりでその先区間運休 →29日より通常運行

うーむ、八方塞がりって感じで、これじゃ電車・バスで山に行けないじゃん。。。
特に高尾-大月間、東武鉄道、両毛線、箱根登山鉄道が影響を受けたのが自分には厳しすぎです。
箱根も1000mmの豪雨で、どれだけ山にも被害があるのか不明ですね。

ニュースは出ていないけど、秩父もかなりの雨で越辺川が氾濫しているし、山奥も被害があるのでは。
奥多摩や日の出町でも道路被害で一時孤立、というニュースが。バスも不通な所がありますね。
中央高速も被害を受けていて現在通行止めなので、高速バスも東名周りになるようで、信州方面に出かけるのは難しいらしい。
それぞれ山の付近は十分な情報収集が必要なようです。

>10/25追記

登山道情報:

奥多摩:奥多摩ビジターセンター

丹沢方面:神奈川県自然公園歩道情報

高尾:高尾ビジターセンター

 

 

« 浅間尾根へ | トップページ | 蓑毛越から源実朝首塚 »

その他情報」カテゴリの記事

コメント

リブルさん

結構身近なところでも大変なことになっていますね。
日原の方では見覚えのあるところで道路が崩れ落ちていて、
復旧には数ヶ月かかるという話です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191014/k10012131061000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

南アなど遠征するようなところだけだと思っていたのですが、
日原もほとんど孤立状態に近い状況でびっくりしています。

ただ、中央道や中央本線は、数ヶ月というようなスパンで
長期化することはないのでは…、と自分勝手な話ですが
少々楽観視しています。

しかしこれで、水郡線とかこの前乗ったばかりの路線が
壊滅的な状況に陥っているのを見ると胸が痛みますね。

なんだか首都圏近くだけがうまいこと難を逃れたような感じで
申し訳なく思ってしまいます。

紅葉シーズンを前に、本当に八方塞がりですね。
観光産業への打撃も大きいことでしょう。
奥多摩や秩父の登山道の情報はこれから出てくるのでしょうが、
里でこれはどの被害なので、かなりやられていると思います。
当分は動けないかな。

ゴン太さん、こんにちは。

そうそう、日原の映像は朝のニュースで見て吃驚しました。
これじゃ完全崩落、これでは孤立してしまいますね。
写真を見る限り、自分の記憶だと川乗橋と倉沢の間っぽく見えますが、あのあたりに簡単に通行できる山道なんてあるんでしょうか。
それとも大沢と川乗橋の間なのかな。確か、以前にやはり通行できなくなった時に臨時に通行できるようにした道がどこかにあったような記憶が。
ちなみにつるつる温泉への道も映像が流れましたが、完全崩落しているので、こちらもしばらくはバス運行は無理そうです。

さすがに中央高速は信州方面との物流が全部止まってしまいますから、国の威信にかけても直すでしょう。
JRもここだけは本気で直しにかかると思います。土砂流入だから橋梁破損よりは多少救いがありますしね。

後からのニュースによると水郡線は一箇所ではなく、三箇所も橋梁がやられたようで、果たして直してくれるものかどうか。
場合によると只見線のように地元と協議になってしまいそうな気もしますね。
この数年は、水郡線の山にハマっていたので、まだまだ歩きたい山が自分もいくつも残っているので心残りがたくさんです。

自分の家の近くの川も相当増水したようですが、増水に備えた巨大な地下空間のお陰で免れたようです。
無駄な建築物みたいな話もありましたが、こうなるとやはり備えあれば憂いなしというところでしょうか。

いずれにしてもできるだけ早く復旧するといいですね。

たまびとさん、こんにちは。

今回ばかりは本当にどうしようもないですね。
情報の無い山は、無駄足覚悟で、おそるおそる出かけるしかないかも。
まだ山に入る手前の情報だから、山の中の情報が出てくるには時間が掛かりそうですよね。
いろいろ崩落とかあるのではないかと心配しています。

こんな台風が毎年来たら、たまったものではありませんね。
温暖化、食い止めたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅間尾根へ | トップページ | 蓑毛越から源実朝首塚 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ