« 草津温泉2019 | トップページ | 四万温泉 »

高田山へ

2019102811

中之条駅に出て、そこから四万温泉行きのバスを駒岩で下車。
以前は集落の所にバス停がありましたが、今はバイパスに変わっていました。

2019102812

少し登れば道に出て取り付きの石材店は今も健在のようです。

2019102813

登山口にはヒル避けの塩などが置かれていました。途中にはいくつも分岐がありますが、道標が立っていて迷うことはなかったです。

2019102814

登山道になってしばらくで鳥居がありましたが、その先から登りがきつくなりました。

2019102815

だいぶ登ると獅子井戸の水場。ちょろちょろですが水が流れていました。

2019102816

先へ進むと紅葉が良くなりました。

2019102817

少し早めではありましたが、かなり色づいている木があって、楽しめました。

2019102818

結構きつい登りで石尊山。

2019102819

向こうには高田山が見えます。そちらに向かう尾根には、テープが巻かれていて危険と書かれていたものの、通行止表示はありませんでした。
なので知らずに通行したのですが、高田山にはこの間の通行禁止表示がありました。それなら、こっちにも書いておいてよ。

2019102820

3つ目と4つ目の小ピークの間が非常に厳しく、もう一度通りたいとは思いませんでした。

2019102821

無事通過して高田山。ただの藪山という感じでした。

2019102822

でも、足元には大きな三角点。一等三角点だったのには吃驚でした。

2019102824

さすがにあの尾根を戻りたくないのでわらび峠に向かいます。ただ、この所の台風で歩かれておらず、完全に踏み跡の尾根状態。
磁石で方向を確認しますが、地形図の破線のようには西には降りられず、一旦北に向かい、それから西に向かう感じでした。
その先も急な下りあり、岩場でストンと切れ落ちていて戻って巻く所あり、となかなか大変でした。

2019102825

唯一の道標があり、唐繰原を示していましたが、右の道はご覧の通り、踏み跡状態。

2019102826

途中、分かりにくい所に出て、林道に降りて林道を下りました。
最後はまた尾根に戻って下ると高田山登山口を示す古い標柱があり、ここがわらび峠と知りました。

2019102829

先に小さな鳥居が見えたので入ってみたら、大黒天でした。安全に下れたのでお参り。

2019102827

峠に戻って林道歩きの始まり。

2019102830

林道が台風でやられていないか心配でしたが、問題なかったです。長い林道歩きで疲れました。

 

« 草津温泉2019 | トップページ | 四万温泉 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは。
すっかり ご無沙汰しております。

高田山に行かれたんですね。
昨年、紅葉を見に 途中まで行ったこと思い出します。
石尊山からは、やはり私には厳しかったみたいですね。

はなねこさん、お久しぶりです。ご無沙汰しております。

石尊山、去年、行かれていたのですね。
自分は少し紅葉には早い時期で残念でしたが、素晴らしい紅葉に会えて羨ましいです。

石尊山から高田山、行かなくて正解だったと思いますよ。
あの厳しい所、片道ならなんとかですが、往復となるとホントに厳しいと思います。
石尊山からの下りはロープがあったのですが、擦り切れる寸前、あれが擦り切れたら、それこそ事故になると思います。
逆からだと岩場の直下降、ロープなどもなく、数メートルが相当厳しいですからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 草津温泉2019 | トップページ | 四万温泉 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ