« 埼玉県ときがわ町 玉川温泉 | トップページ | 吾妻のマイナーな山へ »

高尾山から城山往復

10/26は高尾へ。

2019102613

台風の影響がかなりあった高尾。裏高尾はものすごい被害のようです。高尾山口駅で下車すると金曜日もかなりの雨が降ったようで、すぐ先の川も泥水でかなりの増水状態でした。

2019102601

かなりの水が流れているのを見ながら土産物屋の間を進みますが、もう平常の営業をしていたようです。
人は若干少なめなようでした。

2019102602

しばらく通行止めだった一号路を登ります。それなりに歩いている人がいました。さすがに強い雨の後、ケーブルカーの駅近くからは素晴らしい眺め。横浜の向こうに見える山は千葉方面でしょうか。

2019102603

蛸杉は今も健在でした。

2019102604

薬王院あたりはお坊さんも出て、人が多かったです。久しぶりにお参り。

2019102605

ひたすら登って高尾山。山頂からはなんと素晴らしい富士山!
こんなにきれいに高尾山から見えたのは本当に久しぶりでした。

2019102610

城山に向かいますが、途中にはやっぱりツリガネニンジンでしょう。

2019102607

城山に着きますが人が少ない感じ。定点ポイントからも素晴らしい富士山でしたが、少し雲が出たかな。

2019102608

茶店も営業しておらず、人も少なめな感じでした。

2019102609

普段なら景信山あたりまで行くとか、相模湖に降りますが、そんな気にはならず、往路を戻ります。

アザミ好きなアサギマダラがやっぱりいい感じでした。

2019102611

高尾山へ戻るとすごい人。やはり時間によるのですね。少し色が付いた木がありました。

2019102612

高尾山口駅に戻りました。もうすでに古び始めているようですね。

2019102621

この日はセンブリがよく咲いていました。

 

« 埼玉県ときがわ町 玉川温泉 | トップページ | 吾妻のマイナーな山へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埼玉県ときがわ町 玉川温泉 | トップページ | 吾妻のマイナーな山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ