« 鶴寝山、奈良倉山へ | トップページ | 大桁山へ »

茨城の御前山へ

相変わらず溜めてしまいますが、12/14は茨城へ。

2019121401

水戸駅からバスに乗りますが、一時間もかかって、ようやく白山入口バス停で下車。

2019121402

右が白山かな?

2019121403

山に向かってしばらく歩くと白山神社入口。この先は急登でした。

2019121405

金精神社などを見て先へ登ると白山神社。こんな山上なのにとても立派な社殿でした。

2019121406

踏み跡を辿って登ると赤沢富士。

2019121407

あまり眺めはなく、紅葉した木の向こうに那珂川の流れが少し見えたくらいでした。

2019121408

しばらく尾根を辿って下ると林道に降りました。しかし、左の道は通行できない旨の表示がありました。

2019121409

右に進んでから尾根に入りましたが、ヤブの中を進んで踏み跡に出ました。その先も失敗して分岐を間違えたようです。降りた所には倒れた道標がありましたが、ここはもう使われていない釣り堀。柵が高くて乗り越えるのに必死でした。

2019121410

林道に出ればわずかで御前山の西登山口。

2019121411

緩やかな道を登っていくと御前山の縦走路。

2019121412

右にだいぶ進んで御前山。あまりピークらしい所でもなく、休憩舎がありましたが、うす暗くてとても休もうとは思わない場所でした。

2019121413

分岐を戻って鐘つき堂跡。前にあるのはさきほど登った赤沢富士でした。ゆっくり昼食。

2019121414

あまり人もいない自然林の中をのんびり進みます。

2019121415

林道に出たりしてさらに先へ進み、あずまやとある標識を右に行くとあずまやに出ました。そこからは那珂川とその向こうの低山を見ることができました。

2019121416

さらに林道に出たりしながら先へ進み、2つ目の休憩舎。右手には枝越しに富士山(先にある低山)を見ることができました。

2019121417

その富士山には展望台があって、良い眺めでした。

2019121418

足に悪い急降下で青少年旅行村に出ました。

2019121419

道路をしばらく下れば大きな木。桜なのかな。ここは元小学校跡地だったようです。

2019121420

里道を延々と歩いて御前山バス停に出ますが、手前を那珂川に下ります。大きな木があり、昔からここで那珂川の流れを見ていたのでしょうね。

2019121421

那珂川の流れは雄大。那珂川大橋の眺めがいい感じでした。

2019121422

御前山バス停からバスで水戸駅に戻りました。

 

|

« 鶴寝山、奈良倉山へ | トップページ | 大桁山へ »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

御前山って常陸大宮市ですよね?
私の友達が、ここの出身なんですよ~(2人)
小さい頃、よく御前山で遊んでいた人で…昔は花の山だったと聞いてます。
猪が掘り起こしたり、盗掘にあったりで、殆ど無くなってしまったんだとか。

つい最近では、廃校になった小学校の話を聞いたばかり。。。だからビックリでした!
(廃校跡地にあった樹は、ちょっと聞いてみますね~)
そぉいや。。
公共機関だと行けないって聞いたんだけど、バスの本数が少ないのかな??

投稿: れれちゃん | 2019年12月23日 (月) 07時57分

れれちゃん、こんにちは。

自分はよく知りませんでしたが、城里町と常陸大宮市の境界近くのようですね。
常陸大宮の方からだと難しいかもしれませんが、
水戸からだと1時間から1時間半に一本くらいありますから、自分のように行けなくはないですよ。
それにバス代も一時間も乗ったのに七百円台くらいで、そんなに高くはなかったです。

確かに植生豊かな感じはしました。
ただ、御前山の山頂付近は常緑樹が多く、薄暗いので今はお花は無理そうですね。
縦走路は明るい樹林が多く、お花もありそうな感じはしましたが。
青少年旅行村や小学校跡地のあたりは確かに歩いていくのはバス停から遠いです。
道路をひたすら歩かされました。。。

投稿: リブル | 2019年12月23日 (月) 20時37分

ずっと気になってるって言ってたんでね、歩いてくれてありがとう~
現在の御前山の様子が解り、友達がお礼を言っていましたョ(^^)

小学校の跡地は、サクヤマ地区ではないのか?
と言ってたんですけど、彼女が言ってた廃校跡は別の学校でした…ってことで(笑)

昔は、那珂川沿いに鉄道が走っていて、廃路線となり、バスを走らせた。
時代の流れで車社会となり、長かったバス路線が短縮して、御前山までとなり、
友達の家まで、バスが行かなくなったんだそうです。
常陸大宮市となった時に、新しく宇都宮~御前山のバスが運行されたと聞きました。

那珂川大橋のたもとに、昔は民宿があったんだけど、
川遊びをする人が少なくなり、民宿は廃業…
今は、小さな直売所があって、行くと必ず覗きに行くのですって(笑)

昔は雑木林でも、何故か今は松林になってたり…と、
山は手入れをしないと、10年単位で変わっていく。
寂しいな~って言ってた。
足を骨折して以来、長く歩けなくなってしまったので、今回の話はホントに喜んでいたのよ~!

写真いっぱい見せてくれてありがとね♪
長文、失礼しました。(くれぐれも疲れないように、読んでね)

投稿: れれちゃん | 2019年12月24日 (火) 07時47分

茨城の山は楽しい山が多いですね。
赤沢富士はちょっとマニアックでしたが、御前山はごく普通にハイキングできる山です。
確かに少し木を切った方が良さそうに思えましたが、それもまた自然ですね。
昔はそもそも切ることのできない「止め山」だったそうで。

元小学校のあたりは地形図を見ると細内、中郷もしくは下伊勢畑という集落のあたりのようですね。
なるほど、昔は鉄道があったのですか。
行きのバスは途中からお客さんがほとんどおらず、この先大丈夫かなぁと思ってしまいます。
帰りは途中から数人、地元の人が乗ってきましたけどね。

御前山バス停の近くには道の駅があるようですね。
立ち寄っても良かったかな。

こちらこそ、なかなか知らない地元の情報を
いろいろ書き込んでくれて嬉しいです。ありがとうございます。(^^)/

投稿: リブル | 2019年12月24日 (火) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴寝山、奈良倉山へ | トップページ | 大桁山へ »